ランキング,スタートアップ,英国
(写真=PIXTA)

「FinTech50最新版」がコペンハーゲンで開催中の金融イベント、Money20/20で発表され、50社中半分以上を、ロンドン・スタートアップが独占した。英国は「FinTechに積極的な国」として知られており、政府の全面的な支援や効果的な規制、促進プログラムなど、スタートアップにとっては非常に恵まれた発展環境といえるだろう。

FinTech Cityが、毎年欧州で最も勢いのあるスタートアップ50社を紹介する「FinTech50」は、今年で4回目。最新版では欧州1200社のから選りすぐりの企業が、決済、ブロックチェーン、保険、トレーディングなど広範囲にわたる分野でリストに名を連ねている。

FinTechが熟成期に達したと見られている今年は、多くの企業にとって正念場の年になるという見方が強まっている。そうした視点から、「長期的な発展のな可能性を感じさせる企業」が選出された。

独特の発想と真の実力をもつ企業だけが生き残る?

英国のほかオランダ、スウェーデン、ドイツなどからも期待の新星が続々と登場している。

ユニークな発想で特に注目を浴びているのは、1年から3年の短期不動産B2Bサービスを提供しているLendInvest、オープンソース・ソフトウェア「Docker」の仮想ネットワーク・ソリューション「Weave」を開発したWeave Works、一流大学への入学を目指す学生を対象とした学資ローンのProdigy Financeだろうか。今年の「FinTech生き残り合戦」は幕を切ったばかりだ。

2016年注目のFinTech50社

AimBrain (英) 証券
Algomi (英) トレーディング
Barzahlen (独) 決済
Behavio Sec (スウェーデン) 証券
Behavox (英) 証券
Bima (スウェーデン)保険
Bitnet (英) 決済/ブロックチェーン
Blockchain (英) 決済/ブロックチェーン
Bought By Many (英) 保険

Callsign (英) 証券
Cognia (英) コンプライアンス/リスク/規制
Contego (英) コンプライアンス/リスク/規制
Credit Benchmark (英) コンプライアンス/リスク/規制
Digital Shadows (英) 証券
Elliptic (英) 決済/ブロックチェーン
Ethereum (スイス)決済/ブロックチェーン
Everledger (英) ブロックチェーン

Fenergo (アイルランド) ビッグデータ
Fidor Bank (ドイツ) バンキング
Five Degrees (オランダ) バンキング
FundApps (英) コンプライアンス/リスク/規制
InvoiceSharing (オランダ) オフィスOPS
Iwoca (英) 融資B2B
Kantox (イスラエル) 証券
Knip (スイス) 保険
Lend Invest (英) 融資B2B/不動産

Mambu (独) バンキング
Market Invoice (英) 融資
Meniga (アイスランド) バンキング
Monetas (スイス) 決済
Number26 (独) バンキング
Onfido (英) コンプライアンス/リスク/規制
Personetics (イスラエル) アナリティクス
Pockit (英) バンキング
Prodigy Finance (英) クラウド・ファンディング
Property Partner (英) クラウド・ファンディング
Quan Template (英) 保険

Raisin (独) 貯蓄
Rate Setter(英) 融資B2C
Ravelin (英) 証券
Revolut (英) FX
Spotcap (独) 融資
Suade (英) コンプライアンス/リスク/規制
Sybenetix(英) アナリティクス
Syner Scope (オランダ) アナリティクス
Tradle (英) ブロックチェーン
Traxpay (独) 決済
Weave Works (英) オープンソース
Yoyo (英) モバイル決済/ロイヤリティー・プログラム

FinTech online編集部

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)