(写真=Getty Images)
(写真=Getty Images)

行き着く先の見えない闘い-コンビニ業界を取り巻く環境はそんな様相を呈している。そのコンビニ業界で大型の買収・提携が相次いでいる。主導するのは現在第3位のファミリーマート。09年に当時6位のエーエム・ ピーエム・ジャパン(当時約1120店舗)、昨年8月にCoco!(約650店舗)を展開するココストアを買収したあと、今年2月には同4位のサークルKサンクス(約6300店舗)を傘下に持つユニーグループHDと経営統合で合意した。

そして、今年9月に持株会社「ユニー・ファミリーマートホールディングス」を設立予定、18年度をメドにブランドを「ファミリーマート」に一本化する。これで国内店舗数は1.8万強となり、現在は僅差で2位のローソン(約1.3万店)を一気に抜き、首位のセブン-イレブンと肩を並べる計画だ。

エーエム・ ピーエムの買収でファミリーマートに出し抜かれたローソンも黙っていない。14年12月に中国・四国地方が地盤のポプラ(約520店舗)と資本・業務提携したあと、4月13日には首都圏のスリーエフ(約560店舗)との資本・業務提携を発表し、1.3万店強になった。