カジノ,ギャンブル
(写真=PIXTA)

日本ではパチンコが主流だが海外ではカジノが庶民の娯楽の一つになっている。もちろん日本にはまだ正式なカジノ場が存在しない為、ゲームの種類や遊び方がよく分からない人も多いだろう。

国内外のメディアが映し出すカジノの本場ラスベガスやマカオのイメージは「豪華」「オシャレ」「きらびやか」といった別世界としてのイメージが強いだろう。

カジノでの金儲けを意識し過ぎて「負ける」という結果を想定外にしてしまっている人もマナーNGギリギリの行動を取りがちかもしれない。

今回はカジノデビューする人がついついやってしまうカジノ場でのマナーNGを例に、知っておくべきカジノ場での「恥をかかない5つのマナー」を取り上げる。

1.同じスロットに長時間居座るべからず

スロットはテーブルゲームのバカラやルーレットのようにディーラーが台を回して参加者が大勢いるという環境とは異なる。周りに邪魔されないソロ・プレー(一人で楽しむ)ということもあって必要以上に没頭してしまう傾向があるのだ。

昼間はさほどでもないが夕方以後の混雑時「もうちょっとでツキが回ってくるぞ」そう信じて長時間同じマシンに居座るのは恥ずべきマナーNGである。

カジノゲームの中でも初めての人がすんなり入れるのがスロット。およそ日本円で数百円から気軽にスタートできるゲームともあって長時間遊べるのも魅力の1つである。

もちろんスロットで遊ぶ制限時間など毛頭ないが、特に混雑時で後ろで待っている人がいる場合はその状況を無視して台を占領し続けるのは具合が悪いのである

2.複数のスロットを占領するべからず

スロットフロアが比較的空いている時にしがちな行動のひとつが「スロット台の浮気」だ。本台を回しながら前後左右の台にも気が移り2台も3台も同時に回すこと、これも恥ずかしいマナーNGとして加えたいものだ。

スロット50台に対して5、6人が遊んでいる早朝のカジノ場ですらどちらかというと、ちゅうちょする感覚でいて欲しい。「あの台もこの台も自分のもの」と言わんばかりにコインカップで席取りをする……電車の中とか映画館などで似たような光景を見た事はないだろうか。

3.「No more bet!」を無視するべからず

ルーレットなどのテーブルゲームでチップを賭ける時ある種の「時間制限」のようなものがある。

例えばルーレットの場合、ゲームが始まると参加者は次々にテーブル台の数字にチップを張っていく。ディーラーがホイールを回し始めボールを投げ入れるが、その後「No more bet!(チップはもうおかないで)」の声がかかったら、もうチップは張れないことになっている。

カジノ用語でいう「後張り」は、ラスベガスやヨーロッパなどのカジノ場では禁止が緩和されたようだが、マカオやソウルなどのアジア圏では後張りは、いまだNGの傾向にある。

これを無視して永遠にチップを張り続けるということはゲーム参加者として恥ずべきマナー違反。ルーレットで遊び慣れている人はこのルールを知っているので「No more bet!」の後はチップは張らないし、その声がかかるタイミングもおよそ知っているだろう。

最初のうちは間違ってチップを置いてしまってもディーラーは冷静な態度でそのチップをに手元に戻してくれるが、これを「意地悪」と勘違いし、対抗意識を燃やして後張りを続けるのはマナー違反である。他の参加者と互角勝負に挑む為にも覚えておいて欲しい。

4.間違ってもディーラーをからかうべからず

世界のカジノ場では決まってお酒を楽しむスペースがある。軽く1,2杯頂いてから勝負に挑む、そんな人も多いだろう。

しかしここで知っておいて欲しい事、それはカジノ場は「バーやパブではない」ということだ。案外これを忘れてしまいほろ酔い気分になり、そのままテーブルゲームへ流れるというケースがある。

ここまでは問題ないのだが、勝負の段階で負けが続き気分を害するとディーラーをからかい始める人がいる。特にアジア圏のカジノ場の中国系のディーラーに向けてが多いようだ。

言ってみればディーラーは経験豊富なエンターテイメントのプロでカジノ場が正式に雇った従業員である。

例え軽い気持ちで「いかさまじゃないの?」とからかって他の参加者がテーブルを離れるようなことになってしまっては「営業妨害」に成りかねない。マナー違反というよりは、むしろ「損益」に関わってくる問題になってくるかもしれない。

そうなるとセキュリティーが登場し厳重注意、しばらくの間監視の目が光る……恥ずかしいと言うよりは煙たい気分になってしまうだろう。

5.カジノ場=「世界の社交場」を忘れるべからず

カジノへ足を運ぶ人は様々な目的を持っている。「勝とうが負けようがとにかく楽しみたい」「オシャレにカッコよく遊びたい」「軍資金を倍にして白旗を上げたい」--。

どんな目的でカジノ場へ入場しても、そこは世界のあらゆる人種が集まる「世界の社交場」である。

例えば、マカオについてはおよそ80%がお金と時間に余裕のある富裕層の中国人である。ことに、1日数百万から数千万を費やすVIPルームの顧客についてはほとんどがそうだ。

一方、ラスベガスは見事に世界各国からカジノファンが集まってくるので、人種のるつぼならぬ「マナーのるつぼ」と言っても過言ではない。

もっとも、日本人の常識やマナーは世界の中でも一頭地を抜くレベルで、どこに行っても恥をかくことは極めて少ないだろう。

ただし、日頃から仕事に追われ休みが取れないような環境の中で、突然異国の香りや輝くネオンの中に吸い込まれた時、いつもの「マナーと常識がある自分」がどこかへ行ってしまう可能性があるのだ。

ここまで言っておきながら、それでも極端には心配はしないでいただきたい。なぜなら日本人には「恥をかきたくない」という国民性がある。これを失わない限りどこに行ってもさほど大きなマナー違反はないと思われる。ここで挙げたことは頭に入れつつも、せっかくのカジノデビューは楽しんでいただきたい。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)