日本では、今後解禁される予定のカジノにおいて、6000円の入場料を取ることに決まりそうだ。さらに、与党はギャンブル依存症になるのを防ぐために入場回数制限を置くことを検討しているが、世界のギャンブル産業の常識からすると大きな隔たりがある。

アジアでは、世界最大規模のマカオカジノがある。そのほか、シンガポールや韓国、フィリピン、マレーシア、カンボジア、ベトナムなど各国にゲーム場が開設されているが、日本のカジノ政策は外国と比較してどのような違いがあるのだろうか。

日本のカジノ法案には「カネの匂い」がしてこない

カジノ, 日本, マカオ
(画像=BLACKDAY/Shutterstock.com)

その中で、シンガポールでは入場料を取るようだが、マカオをはじめ、多くのゲーム場が入場料を取らないシステムである。レストラン、ホテル、ショッピング、風俗などを含めた総合的な集客力において、質の面で、日本がよほど勝っていない限り、海外からわざわざ客を集めることは難しいだろう。

一方、国内では、競馬、競艇、競輪、パチンコといったギャンブルが競合する。また、ビットコインなど金融取引の中には、投機性の強いものがあり、こうした投資家(投機家)は潜在的なカジノの顧客になるだろう。しかし、そうしたギャンブル、金融取引に入場料に相当するモノは存在しない。

マカオカジノの収益構造を見ると、一回に最低でも1000香港ドル(約1万4000円相当)をベットしなければならないVIPテーブルがどこも経営の屋台骨となっている。主要顧客は本土の中国人富裕層である。一回の訪問で数億円相当を平気で負けてくれる顧客をどれだけ多く獲得できるかが、業績を決定付ける指標となっている。

日本では、与党はギャンブル依存症になるのを防ぐために入場回数制限を置くことを検討しているが、世界のギャンブル産業の常識からすると大きな隔たりがある。与党が検討しているカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案には、ビジネスサイドから見ると“カネの匂い”がしてこない。

国家主導の海南省開発計画発表

中国では4月14日、「海南全面深化改革開放に関する中共中央国務院による指導意見」が発表された。

海南島(省)は中国最南端にあり台湾よりも緯度が低く、東洋のハワイといわれている。ここを開放的な国際リゾート地として開発し、地域経済を発展させるとともに、深海資源の開発、一帯一路戦略、軍民融合発展の要所として発展させようとしている。この指導意見はこれからの海南省を作り出すための新たな標準モデルとして、作られたのである。

島内に海南自由貿易試験区を制定。2020年までに海南自由貿易試験区建設を大きく進展させ、国際開放度を大きく高める。2025年までに海南自由貿易制度を初歩的に打ち立て、ビジネス環境を国内一流水準とする。2035年までに海南自由貿易港の制度体系、運用モデルをさらに成熟させ、ビジネス環境をグローバルで一流水準に高める。こうした大まかなタイムテーブルが示されている。

マスコミ報道などから、もう少し具体的な話にブレークダウンすると、以下の通りである。

・国際的なスポーツを含めたスポーツ振興くじ、競馬などの公営ギャンブルを振興する
・ビーチ、水上、馬上などのスポーツのモデル地区とする
・軍民融合発展の基地、国家戦略エネルギー備蓄基地を建設する
・海外企業を誘致する
・文化、教育、農業、旅行産業など、海上シルクロードの国際的な交流のプラットフォームを建設する
・南海天然ガス開発、海底鉱物開発、海水の淡水化利用、海洋再生エネルギー、海洋エンジニアリング設備の研究開発、現代化海洋牧場などを発展させる
・免税政策を行う
・国際的なクルージング航路の中継点として発展させる
・国際的な治療旅行先として発展させる
・外資に対して文化事業を開放する
・石油燃料自動車を禁止する
・ビニール袋、プラスティックの食器などを全面的に禁止する(環境に配慮した街づくり)
・デジタル産業を発展させる
・国際的なエネルギー、バルク商品などの取引所を設立する
・深海探査、海洋資源開発、衛星などの戦略技術の発展のためのプラットフォームを作る

現在はまだ、計画を広げただけかもしれないが、国家が主導で開発すると宣言している以上、今後、多額の投資資金がこの地に投入されることになるだろう。“カネの匂い”が漂う政策だ。

計画には目標、理念、夢が必要

日本の計画は精緻に作られているかもしれないが、大目標や理念、将来の夢のようなものが、抜けているように感じる。

海南省は南国の島でありASEAN諸国に近く、外交上・軍事上重要な位置付けにある。そうした基礎的条件の上に大きな発展戦略が練られている。

日本は自然や街並みが美しく、清潔で、人間の欲望が抑えられた社会である点に特徴がある。もし、外国人を呼び込むためにカジノを解禁するのであるとすれば、発想の方向が間違っているような気がする。

少なくとも、多くのギャンブラーは欲望が渦巻き、町中がギラギラしていてエネルギーが満ち溢れたところで“賭博(ギャンブル)”を楽しみたいのではなかろうか?

田代尚機(たしろ・なおき)
TS・チャイナ・リサーチ株式会社 代表取締役
大和総研、内藤証券などを経て独立。2008年6月より現職。1994年から2003年にかけて大和総研代表として北京に駐在。以後、現地を知る数少ない中国株アナリスト、中国経済エコノミストとして第一線で活躍。投資助言、有料レポート配信、証券会社、情報配信会社への情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。東京工業大学大学院理工学専攻修了。人民元投資入門(2013年、日経BP)、中国株「黄金の10年」(共著、2010年、小学館)など著書多数。One Tap BUY にアメリカ株情報を提供中。HP:http://china-research.co.jp/