大富豪,贅沢品,ランキング
(写真=Thinkstock/Getty Images)

「大富豪」とひとことにいっても、お金の使い方は実に様々だ。質素な暮らしを好む人もいれば、派手にお金をばらまくのが好きな人もいる。米オンライン情報サイト「List25」に掲載された、「お金が腐るほどあるからこそ購入できた珍品」の数々をご紹介しよう。

お金があり余っているから庶民には想像もつかない物を買ってしまうのか、あるいは根っからの珍品嗜好なのかは謎である。宝石に惹かれる心理はお金のない人間にも多少なりとも理解できるが、「いくら可愛いペットのためでも3億円はだせない」と思ってしまうあたりが庶民的なのだろうか。結果的に最も賢明な買い物となったのは、1位の「アッシャー氏の人生」だろう。

大富豪を魅了した「庶民は絶対買わない・買えない」高級品10選

10位 ギニーピッグ用鎧 2万4300ドル/約253万円

2013年、オークションサイト「eBay」に出品されたギニーピッグの体に合わせてつくられた鎧。

9位 ホオダレムクドリの羽1本 8400ドル/約87万円

2010年、オークランド(ニュージーランド)のオークションで、1907年に絶滅したといわれるホオダレムクドリの1本の羽を、首都ウェリントンに住む一家が落札した。

8位 ゴルフカート型ホバークラフ 5万8000ドル/約603万円

65馬力のツイン・シリンダー・エンジン搭載で、水面も地上もスムース走行。現在も米通販会社「Hammacher Schelemmer」で入手可能だ。

7位 火星隕石 45万ドル/約4678万円

2003年地上に落下した火星の隕石がオンライン・オークションで落札された。地球上では6万個の隕石が発見されているが、火星の隕石はわずか132個しかない。

6位 ダイヤモンドの犬の首輪 320万ドル/約3億3264万

52カラットの巨大ダイヤモンド3つを含む、大小様々なダイヤモンド合計1600個をシャンデリア風デザインに見立てた世界一贅沢な犬の首輪。エルトン・ジョン氏や英国ロイヤル・ファミリーご用達の「Diamond Dogs」というブランドによる商品だ。

5位 ダイアモンド・ルビー・黄金・プラチナの魚釣り用ルアー 100万ドル/約1億395万円

100カラットのダイアモンド、ルビー、重さ1.34キログラムの黄金とプラチナでできた、間違っても実際の釣りには使用できない巨大ルアー。

4位 ダイヤモンドとクリスタルのパーカー 1万ドル/約104万円

4000個以上のクリスタルをちりばめ、チャック部分に3カラットのダイアモンドをあしらった贅沢なカジュアル服。2008年のアメリカン・ミュージック・アワードで、米シンガー、コルビー・オドニスが着用して話題になった。販売元は米アパレルブランド「 Konquest Clothing」だ。

3位 アルベルト・アインシュタインの直筆書簡 300万ドル強/約3億1185万円強

1954年にアインシュタインが哲学者、エリック・グートキンドに宛ててしたためた書簡で、アインシュタインの宗教観がドイツ語で示されている。2012年にロンドンのオークションで落札された。

2位 黄金のモノポリー 200万ドル/約2億790万円

「ゲームの中だけでも大富豪気分を味わいたい!」という庶民に大ウケして、1935年の初版発売以来、世界中で2億5000万個以上を売り上げたモノポリー。「現実の世界でも大豪」というプレーヤー用に、米サンフランシスコの宝石店が18金の土台に宝石をあしらった高級モノポリーを発売した。

1位 イアン・アッシャー氏の過去の生活 30万ドル/約3118万円

離婚が原因で人生に嫌気がさしたオーストラリアのイアン・アッシャー氏は、2008年に自分の所持品すべて(住宅・仕事を含む)をeBayに出品した。人生をゼロからやりなおすために、「イアン・アッシャー氏の過去の生活」は30万ドル(約3118万円)で匿名の人物に買いとられた。

アッシャー氏は過去を売却したお金で世界中を旅した後、自ら経験を出版したところ、ウォルト・ディズニーから映画化の話が舞いこむなど、まさに二度目のチャンスを最大限に活かした例だといえる。現在はカリブ海の孤島を購入し、幸せに新しい人生を歩んでいるそうだ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)