アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

外はキンキンに冷えて寒い朝となっています。一方で株式市場は一向に熱が冷めず、暑い相場が続いていますが、さすがにそろそろ過熱感もピークとなっている感じです。日経平均に採用されている銘柄はもちろん、多くの株価が目先的な高値圏にあり、出遅れ銘柄を物色するにも買えるものがなくなってきた感じです。

これ以上買い上がるには目先的に過熱感を冷ます必要がありそうですが、日銀の買いが期待されることや空売りがまだまだ多いことからちょっと下げ渋るとすぐに買い戻されるということになっています。先駆した金融株などが再度買われるかどうかということになるのでしょうが、「2万円間違いなし」という雰囲気になっているので、「過熱感など関係ない」という雰囲気になれば、逆に一気に調整となるのでしょう。

米国株が堅調、為替も円安となったことや夜間取引やシカゴ市場で日経平均先物が買われていたことから本日の日本市場も買い先行となりそうです。目先的な過熱感が強い状況は変わらず、週末の手仕舞い売りも嵩んでくるのでしょうが、買い戻しや円安を好感する動きでどこまでこなせるかということになりそうです。昨日も売られる場面が見られたように、上値が重いとなると売り急ぐ動きが出る可能性もありそうですし、円安一服となると一気に売られるということもあると思います。割安感がある銘柄も少なく、物色対象がしっかりと循環してくるのかどうか、金融株などの動きが注目されます。

19,500円を目指す動きには違いないのでしょうが、夜間取引で19,500円を付けたことで達成感が出るという可能性もありそうです。ここからさらに買い上がる材料があるということでもなく、目先的な過熱感が強いので、空売りの買い戻しが入るかどうかということになりそうです。日銀買いが期待されることから下げ渋りとはなるのでしょうが、手仕舞い売りに押されて上値も重くなりそうです。

本日の投資戦略

昨日の日本市場は材料出尽くしとなるかと思ったのですが、日銀買い期待などから堅調となりました。空売りが積み上がっていることからちょっと下がるとすぐに買われるという感じです。目先的な過熱感が強い割には底堅い展開となっており、空売りの買い戻し一巡とならないと調整はないという感じなのでしょう。

週末ということで手仕舞い売りが出てくるかどうかということになりそうです。夜間取引やシカゴ市場で日経平均先物が買われていたことから寄り付きから買い戻しを急ぐ動きになれば、寄り付きの買い一巡後に昨日のように手仕舞い売りに押されるのでしょう。日銀買いが期待されるにも関わらず下げ渋らなければ一気に手仕舞い売りに押されるということになりそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)