シンガポール,金融緩和政策,景気減退,
(写真=Thinkstock/Getty Images)

近年驚異的な経済発展を遂げ今後も順調な成長が継続すると期待されていたシンガポールだが、国内では景気減退への懸念が確実に増しているようだ。

シンガポール金融管理局(MAS)による調査では、エコノミストが2017年の1人当たりの国内生産量(GDP)成長率見通しを1.7%から1.5%に下方修正。シンガポール事業連盟(SBF)による「国際ビジネスサーベイ」でも5割の企業が悲観的な見解を示し、政府になんらかの対応策を求めている。

シンガポールドル安への誘導の可能性も?