特集「保険」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 特集「不動産投資のはじめ方」 DC特集
日本
Written by ZUU online編集部 1,291記事

新大統領で日米関係どうなる?

「不時着」オスプレイの訓練再開へ 年後半の東京・横田基地への配備はあるのか?

トランプ,在日米軍,オスプレイ
英国でデモ飛行するオスプレイ(写真= SpaceKris / Shutterstock.com)

防衛省は1月5日、在日米軍が事故を受けて休止している新型輸送機オスプレイの空中給油訓練を再開すると発表した。事故を引き起こした可能性がある要因と再発防止策を米軍側に確認し、対策は「妥当」と防衛省も自衛隊も評価したという。政治問題ではあるが、今後トランプ大統領の就任によって、在日米軍のあり方もかわるかもしれない今、「オスプレイ」をめぐる問題の整理だけはしておきたい。

事故の多い新型輸送機オスプレイ

まずオスプレイとは、米軍の新型輸送機V-22のことだ。2005年から運用されており、200機以上が生産されている。両翼に可動式のプロペラがあり、固定翼機(通常の飛行機)のように高速飛行ができるだけでなく、ヘリコプターのように垂直離着陸ができる。ちなみに「オスプレイ」とは、タカ目の猛禽類の一種「ミサゴ」のことだという。

問題にされているのは、開発段階で事故が相次いだことだ。試作段階で2度の墜落事故を起こしている。1991年の事故では死者は出てないが92年の事故では7人が死亡している。初期生産段階でも2度の墜落事故を起こしている。さらに2000年4月の事故では19人が死亡、同年12月の事故では4人が死亡したと報じられている。

多くの死者を出すも米軍は「機体の欠陥は改善された」とし、2007年から部隊配備。10年4月にはまたもアフガニスタンでの作戦中に着地失敗して4人が死亡。2012年4月にもモロッコでの演習中に墜落、2人が死亡。本国では「未亡人製造機」という不名誉なあだ名を付けられているが、うなずけるほど事故の報道は多い。

12月、国内での初めての「事故」が発生

ただ航続距離や速度で高い性能を持ちながらも、垂直離着陸ができることから在日米軍も採用。日本では12-13年、宜野湾市の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に計24機配備されている。また自衛隊も1機あたり100億円超をかけての導入を検討している。

しかし昨年12月13日、沖縄県名護市辺野古沖の海に落ちて大破している。安全性が問題視されていたオスプレイの国内で初の事故だ。米軍は「空中給油の訓練で、給油機の燃料ホースがオスプレイのプロペラで切れて、機体が不安定になった」と説明し、機体そのものが事故原因でないことを強調。自発的な着水として「不時着」としているが、現場ではプロペラや翼がへし折れ、胴体がちぎれていたといい、「墜落」されてもおかしくない。

沖縄県の翁長雄志知事は、「このような事故を受けてオスプレイが飛ぶ状況は看過できない」と述べ配備に反対。安慶田副知事も、オスプレイは欠陥機であるのではとして、直ちに飛行を中止し配備を撤回することを求めている。今回の事故により、地元の反発は一段と強まるのは間違いない。

今月22日には、沖縄県最大の米軍区域・施設である北部訓練場(東村、国頭村)の半分以上に当たる約4000ヘクタールの返還を予定している。返還の条件は、オスプレイなどの離着陸に使うヘリパッドを同訓練場内で移設することだという。

稲田防衛相は記者会見で、「別のオスプレイの不具合機があるという情報に関しては事故とは関係なく、着陸時に足が壊れたという説明を米側から受けている」との見解を述べている。

17年後半には東京の米軍横田基地に10機が配備され、18年度からは陸上自衛隊による導入が始まる予定だ。同盟国に対して軍事費の負担増を求めているトランプ新大統領の就任も目前に迫っている。安倍首相は日米同盟を重視する方針だが、オスプレイ配備の行く末は今後の日米関係に大きく影響することは間違いなさそうだ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
年収が200万円上がる!? 会社員だから知っておきたい◯◯型収入って?(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
「平均480万円削減!」住宅ローン借り換えサービス 面倒な手続きはすべてお任せ(PR)
東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の……
会社をさらに成長させるため、ライバル企業が取っている戦略とは(PR)

「不時着」オスプレイの訓練再開へ 年後半の東京・横田基地への配備はあるのか?
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

「トランプ大統領」誕生へ

PREV 「初詣」もキャッシュレス時代-オール「電子マネー決済」社会...
NEXT 30年で市場は5倍 「ピザデリバリー」を比較する