中国,日中関係,東南アジア
(写真=PIXTA)

中国政府は初めての「東南アジア安全合作政策白書」を発表した。この白書は、東南アジアの安全保障を高度に重視した中国が、その実現すべき戦略意図を“透明化”したものだそうである。また東南アジア地区の安全に積極的に関わる中国の能力を表すとともに、国際社会に中国の立場と主張を明示し、不必要な憶測や誤解を防ぐことも目的という。一体どのような内容となっているのだろうか。

以下新華社配信の解説記事を見てみよう。

東南アジアの重要性

不確実性に彩られ、起伏の多かった2016年の国際社会、世界で最も活力と潜在力とを示したのは東南アジアであった。

中国国際問題研究院東南アジア研究所の劉所長は、東南アジアでの中国の重要性はとみに増大している。そして国際社会はそこでの中国の一挙手一投足に高い関心を向けている。しかし外界の世論は、中国の東南アジア安保政策の意図を十分理解していない。白書は政策の透明度を上げ、国家間の相互信頼を増進するため大きな意義を持つものだ。

一方で中国の利害をも明らかにしたことは、中国の自信をも体現しているとも発言した。

中国には東南アジア地区の良好な発展のため、6点の主張がある。包括的共同開発の促進、パートナーシップの確立、規制の緩和、新しいルールの建設、密接な軍事交流、矛盾の適切な処理のことである。またこの6点の主張は、中国と各国との長期にわたる交流の最大公約数となる。

各国に対して中国を誤解せず、6つの主張点をしっかり理解するよう促している。相当な上から目線であるが、米国にとって代わろうとする意図のようにも思える。

主要国との関係

では具体的に各国との関係をどのように考えているのだろうか。記事は東南アジア諸国ではなく、4つの関連主要国との関係のみ挙げている。

中米関係

中国方は中米関係の健康で安定的な継続を望んでいる。米新政権との共同努力により、不衝突、不対抗、相互尊重、ウインウインの原則、両国の辺境地区を共同開発、全世界の各層各領域における協力関係の進展を期待している。新しい中米関係を大きく前進させ、両国人民と各国人民の幸福を、建設的な方法により実現する。

中露関係

中国とロシアは互いに最大の隣国同士として、外交戦略協議を進めていく。中露の全面的戦略協議をさらに一段高い段階を目指して積極的展開を図る。両国は東南アジア政策においても良好な関係を維持していく。両国は軍の協力関係も一歩進める。

中印関係

2015年以来、中印の和平と繁栄の戦略は一層深まりつつある。双方はさらに関係改善目標を追及していく。各領域の交流と協力を不断に推進するとともに、国際問題や地区の問題において良好な対話と協調関係を保持する。

中日関係

2015年以来、中日関係は2014年末を底として改善へ向かっている。同時に中日関係は少なくない複雑な要素をはらんでいる。中国方は日本方に中日の4つの政治文書と4点の原則を共同認識すること促してきた。これに基付いて矛盾の解決に進まなければ、中日関係は再び混乱に陥るのを避けられない。

このように4つの主要国に対しては非難を控え、協調への希望を表明している。主要国は中国との関係を優先し、中国が東南アジアで影響力を高めることに対してとやかく言うな、という意味だろうか。

東南アジアが焦点に

こうした内容の白書発表は中国東南アジア政策の透明性を増すよりも、むしろ警戒を促すことになりそうだ。今後世界の成長センターとなった東南アジアは、中国プラス4主要国の勢力争いの主戦場になる。そして中国は有利を確立するぞと宣言したようなものである。

ネット上では安倍首相のフィリピン訪問を非難するニュースが相次いでいる。空母「遼寧」の台湾周回も大変な話題となっている。東南アジアを舞台とする中国の宣伝活動は熱を帯びる一方だ。今回はそうした風潮に、シンクタンクまでが参戦したかっこうだ。中国では学問研究は政治の一部であり、協調するのは当然である。中国の好んで使う統一戦線工作とは、この種の連携も含むのだろう。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)