日本郵政,追加売却,売り
(写真=Getty Images)

日本郵政が株式市場に上場したのが2015年11月。そこからすでに1年3か月が過ぎたが、ここにきて郵政株を保有している筆頭株主の財務省が追加売却して、復興支援のための資金にするという話が出ている。

売却時期や規模はいまだ定まっていないものの、保有比率80%を超える筆頭株主からの売り出しということもあり、日本郵政の株価へ少なからず影響を与えるのではないかと市場関係者の間で注目されている。日本郵政の上場後の値動きを振り返り、財務省の売り出しに伴う売り圧力がどの程度なのか、今後の値動きの予想も併せてみていこう。

郵政株上場の上昇はイベントによるものだった

郵政株は、上場時につく最初の値段が上場前の募集価格である1400円を大きく上回り、その後の株価推移も2カ月程度は上昇傾向にあった。2000円目前まで値を上げて、上場前・後に株を買った投資家全員が含み益になった。しかしその後は一転して下落、横ばい推移となっている。上場してから1カ月程度の間に株を購入した人はいまだに含み損失の状況だ。

上場後1カ月程度の株価上昇は、話題性に乗った個人投資家と、機関投資家による郵政株の買い(TOPIX買い)による上昇を期待した、短期投資家たちの先回り買いによるところが大きい。

つまり、上場時から2000円までの株価上昇は企業業績を見据えたものではなく、上場によるプレミアムと機関投資家による買いというイベントに支えられた上昇だったということだ。イベントが通過すれば、当然のように業績に合わせた株価へと収斂(しゅうれん)していくことが予想されていた。

残念ながら、そもそもの郵政株の業績は決して良いものとは言えなかった。郵政の業績は、ほかの金融2社によってその利益を支えられているともいわれている。イベント通過後の少々残念な株価推移は当然の流れに思える。では、今回の財務省による売り出しによって株価がさらに下がるのか、つまり売り圧力は強いのかを考えてみよう。

売り出しによる「暴落は無い」と考える2つの要素

今回は筆頭株主の売却ということもあり、少なからず売り圧力があるはずだ。規模と時期が正式に決定するまでは予想の範囲内の話となるが、今後2回に分けて保有比率を30%ほど下げることを考慮すると、それを考慮した投資家の売りが増加することも考えられる。ただ、今回の売り出しで株価が半値になってしまうほどの暴落があるのかといえばそうではないと筆者はみている。理由は以下だ。

1. 財務状況が抜群に良く、キャッシュリッチ
2. 配当利回りが上昇することによる投資妙味の上昇

この2点によりイベントによる売りに対しては個人投資家からの強い押し目買い(下がったら買うということ)が入るとみている。

まず、日本郵政は企業業績が悪いことに着目されがちだが、財務状況は抜群に良い。企業は利益が発生したときに企業内に利益剰余金という形で留保することがあるが、この剰余金が3兆5000億円、有利子負債(利子を払う必要のある借金)がゼロ。キャッシュフローをみても、現金同等物を48兆円保有している非常にキャッシュリッチな企業である。

将来的な成長という面で見ると、企業内に利益を蓄えていることは投資ができていないため評価されないが、長期投資を考える投資家にとっては財務が健全であることは重要な要素の一つだ。株価が値下がれば、財務の良い企業がお買い得状態になることを意味する。

次に配当利回りが上昇することに着目したい。郵政株は、17年3月期に通年で1株当たり50円の配当を予定している。郵政株の業績悪化や2016年半ばの相場環境の悪さによる株価下落により、一時1200円程度まで株価が下がることがあったものの、この水準では投資家からの強い買いが入っている。1200円程度といえば、配当利回りも4%を超える高水準であり、配当目当ての長期投資家による買いが入ることは容易に想像ができる。

今回の売り出しによって、仮に1200円を割れることがあれば、再び投資家からの買いが郵政株の下げを支えることになるだろう。

売り出しもイベント あくまで売り圧力は一時的なもの

今回の財務省による売り出しも結局は機関投資家によるTOPIX買いの時と同様に一時的なイベントである点を忘れてはならない。企業の株価は、イベントなどによる「需給」の影響を強く受けるものの、それは一時的であり、値動きが落ち着けば「業績」をにらんだ動きへと移っていくことだろう。

郵政株上場後、株価は1200円から1600円の間で横ばいの動きを形成していたが、このたびの財務相の売りによってそのレンジを下値と抜けて1000円を割れるようなシナリオも想定しておきたい。

しかし、財務面での良さや配当利回りなど個人投資家好みの株価水準になることを考えてみれば、その時は長期で株を持ちたい投資家にとっては絶好の仕込み場となるかもしれないことは覚えておきたい。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学を卒業後、証券会社において証券ディーリング業務を経験。ヤフーファイナンスの「投資の達人」においてコラムニストとしても活動。2015年には年間で「ベストパフォーマー賞」「勝率賞」において同時受賞。個人ブログ「 インカムライフ.com 」を運営。著書に『 元証券ディーラーたにやんの超・優待投資 草食編 Kindle版 』(インカムライフ出版)がある。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)