マンション 経営,マンション 投資,マンション 経営 メリット,マンション 経営 デメリット
(写真=Thinkstock/Getty Images)

高齢化社会が懸念されるように人間の寿命は延びてきており、それに伴う老後に関する悩みも少なからずある。金銭面の不安においては定年後の収入源の確保も難しい可能性があり、働ける内に方法を検討しておいた方が良い。

その一つの方法としてマンション投資やマンション経営などが挙げられ、不労所得に近い収入を得る事ができるメリットがある方法の一つだ。早めに検討する事でリスクも軽減され、資産としての価値もあるため検討してみても良いビジネスである。


不動産投資全般のリターンとリスクは何がある?

不動産投資におけるリターンにおいては方法にもよるが安く物件購入できる程、リターンも大きくなる。売却を主体として検討するのであれば、土地価格の高騰により予想以上の利益を得る事も不可能ではない。アパート経営やマンション経営においても土地価格は家賃収入などに影響を及ぼすが、定期収入と言う面では安定した利益の確保が望める稼ぎ方だ。

将来的に土地価格が上昇するエリアで安い内に物件を購入して、最も良い売却のタイミングを把握できているのであれば大きなリターンを見込めるビジネスである。土地価格の変動がそれ程なく、安定したエリアを選定できる知識があればマンション経営やアパート経営においても良い結果を得る事が可能だ。

しかし、物件購入においては多くの資金が必要であり、土地相場が下落したり入居者を確保できなかった場合には投資した費用を回収できないリスクが生じたり、ローン利用の場合には返済におけるリスクが出てくるビジネスである。

アパート投資との違いは?

アパート投資とマンション投資はそれ程大きな違いがあるものではないが、アパート投資の場合には一棟買いなどが主であり、マンション投資においてはワンルームなどでも始める事が可能な点などが挙げられる。

投資リスクにおいては初期費用が大きい程、リスクも高まるためこの辺りを加味してより良い投資物件を選んでいくと良い。マンション投資においてはワンルームから一棟買いまで選択肢の幅も広く、その点を考慮すると様々な方が始めやすい不動産投資方法である。

最近の不動産の市場見通しは?

不動産投資においては人間の生活に必要な住居に関する投資のため、安定的な需要が見込めるビジネスだ。どのような地域においても住居が必要なため、将来的にも安定して求められる可能性がある。高齢化社会が進む現状においては住居を手放して施設に入るような方も増加していく可能性があるため、不動産物件においては良い条件で物件購入ができる可能性も増えてくる。人口増加率などが予測しやすいエリアに関してはニーズに対しての供給が多くなり、競争率が激しくなる懸念もある。

マンション投資、経営のメリットは?

マンション投資を行う上では管理における手間が少なく、定期収入を得る事ができるメリットが存在する。マンション経営を行う上では入居者確保ができれば、その後は毎月の定期収入を得る事もできタイミング次第では購入時の資金以上の売却が実現する事もあり、大きな利益を生む事ができる可能性もある投資だ。

本格的に始めていく上ではマンション一棟買いなどを検討すると管理におけるデメリットを軽減でき、収入においてもより安定的に確保できる。この管理の手間が少ない点では本業以外でも副業として行なっていく事が可能なため、本業における収入の不安や老後における貯蓄のための手段としても活用できるメリットがある。

本業よりも安定した収入を得る事ができるようになれば、本業を辞めてマンション経営に専念する事で自由な時間を確保しつつ充実した生活を手に入れる事もできる。誰にでも可能性のあるビジネスで、始めやすい点でもメリットのあるビジネスの一つだ。

マンション投資、経営のデメリットは?

マンション投資においてはメリットも多く存在するが、デメリットに関しても把握した上で始める事を決断した方が良い。デメリットに関しては経営して家賃収入を得ていくのであれば、入居者確保が重要になってくる。

もしも入居者が確保できなければ家賃収入を得る事ができないし、ローン利用で家賃収入をあてにした返済を計画していた場合には返済におけるリスクが大きくなる可能性がある。入居者確保ができない場合には、返済における不安要素が生まれてくる点でデメリットと言える。

また、購入して売却するような方法であれば、土地相場の上昇などが必要だ。この土地価格が上昇しなかった場合には、投資した資金を回収できずに損するリスクも存在する。

他にもマンション投資において安全性を重視しすぎた時に、様々な場所に分けてマンション購入した時に管理における手間が増えるような事もある。しかし、様々なデメリットがあるが、これらは工夫次第で解決できる事もあるため、決して悲観的になる必要もない。

将来を考えた資産形成を

マンション投資においては不労所得に近い収入を得る事もでき、老後における管理の手間も少ないため将来を考慮したビジネスとしてはメリットが多くある。入居者確保や土地相場における予測が失敗した場合のデメリットも存在するが、それらは工夫次第でリスク軽減する事も可能だ。将来を見据えて行うビジネスとしては有益であり、早めに始める事でリスクを軽減しつつも資産を得る事ができるため検討してみる価値のあるビジネスの一つである。