アルゴナビス清水の投資戦略
(写真=PIXTA)

今朝は雪が降ると言われていましたが、途中ではちらほらと雪が舞っていましたが、茅場町では小雨、そして今は雨も止んでいるようです。株式市場はここに来て金利の上昇や米国での利上げの影響などが取りざたされているような感じです。売り買いの決定的な手掛かりがあるということでもなく、お得意のこじつけの材料もなく方向感に乏しい感じです。

足元の業績面から割安感が強い銘柄も散見され、ごくごく単純に業績面から割安となっているものを拾っておくだけでもここから先を考えれば期待できるのではないかと思います。株を買ってすぐに何割か上昇するというのはもちろんうれしいのですが、1年持っていて何倍かになるというのも良いと思います。

米国株は軟調、為替も円高気味ということで本日の日本市場は冴えない展開になりそうです。ただ、夜間取引やシカゴ市場の日経平均が案外値を保っていたこともあり、底堅さも見られそうで指数は方向感に乏しい展開になりそうです。好調な決算を発表したものなどが個別に買われるということになるのでしょうが、先行きに対する不安もあって最後まで買い切れず早めに利益を確保する動きも多く、上値も限られそうです。

19,000円を超えると売られるという雰囲気になってきており、引き続き19,000円を挟んでの動きとなるのでしょう。当面は動き難く、為替次第とうことになりそうです。引き続き当面の下値目途は18,800円、上値は19,000円という感じになりそうです。

本日の投資戦略

昨年米大統領選挙からの大騒ぎも一段落となったという感じで閑散小動きとなっています。目先的には円高気味であり、上値も重くなりそうです。これまでの日本での低金利ということが金利上昇を懸念する動きになっているということで金利の心配をしてこなかったところからの反動で懸念が独り歩きしている感じです。

何度も述べていますが、トランプ大統領が大きく取りざたされていますが、結局のところ株式市場では大統領の発言に右往左往しているようでいて、実際には米国の利上げなど金融政策や金利に反応しているということなのだと思います。ここからも米国の利上げが想定されたペースで、そして想定されている幅で行われるのかどうか、そしてその結果米国の景気がどうなるのか、世界的な景気、そして為替などがどのように動くのかが注目されます。

清水 洋介(しみず ようすけ)

証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・ アルゴナビス )、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)