下痢止めで有名な「正露丸」の新商品が51年ぶりに登場する。大幸薬品が発表した「正露丸クイックC」は4月3日発売、「セイロガン糖衣」以来51年ぶりの新たな形状の正露丸で、今度は液体カプセルだ。Cは“care”“capsule”のを意味する。

正露丸の新商品が発売される

正露丸,下痢止め,大幸薬品
(画像=大幸薬品Webサイトより)

正露丸の歴史は古く、100年以上前から名前やかたちを変えて長く愛されている常備薬であると言えるだろう。正露丸と言えば黒くて丸く匂いが強いもの、という印象があるかもしれないが、今回新発売される「正露丸クイックC」はオレンジ色のカプセル剤で、正露丸独特の匂いが抑えられ飲みやすくなっているという。

「クイック」という名前の通りすばやく胃で溶けて即効性があるのも大きな特徴だ。従来の正露丸は溶けるまでに数十分以上の時間を要したが、今回の正露丸クイックCは液体カプセルなので約6分で全て溶け出し、これまで以上に飲みやすく、また効きやすくなっているという。

元祖「正露丸」は100粒でおよそ648円、成人が1回4錠を3回服用であったのに対し、今回の「正露丸クイックC」は16カプセルで1000円(税抜)、5歳以上11歳未満は1回1カプセル、11歳以上は2カプセル、いずれも1日3回まで。既存の商品に比べて、より手軽に持ち運べ、素早く服用できる。

「正露丸」という名前の歴史的背景

「ラッパのマーク」がトレードマークでお馴染みの正露丸だが、それが初めて作られたのは明治時代と長い歴史を持つ。主成分のひとつ「木(もく)クレオソート」の原料が使われていたのはなんと紀元前。木クレオソートはその後海外で精製されたのち日本に輸入され、1904年にはじめて「征露丸」の原料として使われるようになった。

当時の「征露丸」という表記は日露戦争時にロシアを征服する目的を込めて名付けられた名称。日露戦争終了後しばらくして国際関係を意識し「征」という字が改められ「正」となり、その後何度かの変更を経て現在の名前に至っている。

ロゴのラッパマークが意味するものも音楽の演奏ではなく、兵士に食事を伝える信号のためのものだったことからも、正露丸がかつて軍薬として使われていた歴史的な背景が読み取れる。

にぎやかな雰囲気があるそのマークも、当時は地球儀に「誠」という漢字のみが書かれた厳粛なロゴだった。その初代ロゴから二世代後、三代目ロゴで地球儀にはじめてラッパのマークが書かれるようになり、今のマークの面影が出始める。

このように日本の歴史とともにかたちを変え国民に普及してきた正露丸。その後1981年に現在も発売されている白色の錠剤「セイロガン糖衣A」が発売され、そして今回実に36年ぶりの新商品である「正露丸クイックC」が発売することとなった。糖衣の発売でにおいを気にせず飲めるようになった正露丸。このところ下降気味という下痢止め薬市場が再び注目されるきっかけになるだろうか。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)