特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 専門家たちの金言 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
欧米
Written by ZUU online編集部 5,213記事

無担保債務総額49兆円

米英で家計負債が過去最大に 英国の消費者バブルは重症?

英国では2016年9月の時点で、無担保債務総額が3490億ポンド(約49兆1788億円)にまで膨張していることが、英労働組合、TUCの報告から明らかになった。

英国家統計局(ONS)のデータに基づいて算出された一世帯の平均負債総額は、英国史上最大の1万2887ポンド(約182万円)。無担保債務総額が所得を占める割合は27.4%と、過去8年間で最も高い。

英国は無担保債務だけでも過去最大規模

米国でも米家計負債は過去最高水準にまで膨張している。ニューヨーク連邦準備銀行が2月16日に発表した四半期報告によると、米家計負債総額は12兆5800億ドル(約1420兆 304億円)。2016年第4四半期の3カ月間で1.8%(2260億ドル/約25兆5108億円)の増加を記録した。

増加率は2013年以降の4半期中で最大の伸び。あと0.8%でリーマンショック直前だった2008年第3四半期の負債水準に達する。

しかし英国の負債が米国と決定的に異なるのは、米国の負債が不動産抵当負債や自動車ローン、学資ローンなどを含むのに対し、英国の負債は無担保債務のみで過去最大にまで膨れあがっている点だ。つまり英国の場合は上記の数字に、住宅ローン2849億7100万ポンド(英住宅金融組合データ、2016年12月未決済残高 約39兆7480億円)や自動車ローンなどが容赦なく圧しかかっている。さらには学資ローン負債総額1920億ポンド(BoEデータ、約27兆493億円)も追加される。

英国では今年にはいり、Brexitの影響でインフレが急加速している。「負債返済が所得では補いきれなくなるのは時間の問題ではないか」との懸念が高まりつつあるのも不思議ではない。

貯蓄を忘れさせ、借金に走らせる住宅バブルの副作用

意外にもイングランド銀行(BoE)は楽観的な見解を示している。チーフ・エコノミスト、アンディー・ホールデイン氏は「注意深く動向を見守って行く」としながらも、超低金利政策を理由に「過去のような深刻な懸念は見られない」と述べている。

しかしこうした楽観的見解は、あくまで低金利や量的緩和が今後も長期間にわたり継続するとの前提で成り立っている。世界金融危機後の2009年に導入された低金利政策は、表面上は英経済の復興をよそおう役割を果たしたものの、住宅バブルという最大の弱点を生みだした。

英経済が不動産に依存するところが大きいことは周知の事実だ。BoEはバブルを少しでも長く維持するために、低金利から脱出できないという悪循環におちいっている。

日本のバブル期でも似たような現象が起こったが、住宅価格が高騰すると「家の値段があがった=経済的に余裕ができた」と個人消費が活発化する。その結果、借金の額は増えても貯蓄にまで気が回らなくなる、あるいは「返せると思っていた借金」が増える。まさしく現在の英国がはまりこんでいるスパイラルだ。

低所得、浪費への要求でクレジット負債額が10兆円

英国で家計負債が膨張した理由として、特に若い世代を中心とする低所得層の賃金と生活費の不均等さなどが挙げられているが、負債を膨張させているのは低所得層だけではない。中・高所得層による浪費傾向の強まりもネガティブに作用している。

クレジットカード負債だけを例に挙げても、英国は残高の持ち越し率が世界114カ国中3位、負債総額10兆円以上という記録的な数字に達している(2916年ワールド・クラス・ペイメントデータ)。

総合金融機関、INGが今年1月に行った調査では、英国の貯蓄率は30%をきっている。またバークレイズの調査からは、「失業など万が一の場合1カ月以上生活を支えるのに十分な貯蓄があるのは6割以下」という衝撃的な事実も発覚している。

インフレ急上昇が消費者破産の引き金に?

英経済に不安の影を落としている要因はほかにもある。例えば通常マイナス3%を上回ると危険視される経常収支(対GDP比)が、2016年にはマイナス5.93%を記録している。

これら複数の深刻な要素が絡み合い一触即発の現状を作りあげていると考えると、「低金利を続けておくかぎり大丈夫」という見解はあまりにも楽観的過ぎるのではないだろうか。

英非営利消費者債務支援組織「マネー・アドバイス・トラスト」のジョアンナ・エルソンCEOも「現時点では深刻なレベルに達していない」とする反面、今後ますます加速するであろうインフレが消費者の破産の引き金となりかねないとの懸念を示している。

思えかえせば住宅価格高騰と家計債務に依存した英経済は、今に始まったことではない。家計最大の資産である住宅価格を膨らませ、むやみやたらに個人消費をあおるという前回の幻想は、2008年の金融危機によって終幕となった。

長年にわたり水面下に押しとどめられていた英経済の脆弱性が、Brexitとともに再び一気に表面化する可能性は高い。しかしそれが現実となれば、前回の金融危機よりもはるかに最悪な事態におちいるだろう。住宅バブルと経常収支赤字バブルが弾けた時、長引かせすぎた低金利とそれに慣れきってしまった国民とともに、英国はどのように対応するのだろう。(アレン琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
ビジネスもプライベートも「プラチナ」カラーに染める(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
情報は欲しいけど有料は…な方におすすめ「情報の宝庫」とは(PR)

米英で家計負債が過去最大に 英国の消費者バブルは重症?
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV トランプ氏Twitterで薬価の大幅引き下げ示唆
NEXT JPモルガン、スイス証券取引所の流動資産ブロック取引システ...