アルコール依存症の治療に効果があるとして、フランスでは既に処方が行なわれている筋肉けいれんの治療薬「バクロフェン」。3月17日に行われた会合で、この効果を裏付ける証拠が提示された。これを受け、仏製薬会社のエティファルムはアルコール依存薬として同薬の商品化申請を行う見込みだ。

アルコール治療薬として注目集める「バクロフェン」

バクロフェンは50年前にてんかん治療薬として開発。日本ではけいれんを抑える薬として、1980年代に飲み薬として薬価収載された。脳から脊髄に指令がうまく伝わらないことで、呼吸がしづらくなったり、痛みが生じたりする「痙縮」を抑えるために使用されており、近年では少量で、より効果を高めるために脊髄の周囲(髄腔)に直接投与する、髄腔内バクロフェン療法(ITB療法)といった治療法にも使われるようになっているという(東京女子医科大学医学部脳神経学科学講座による)。

アルコール依存症の治療薬として注目を浴び始めたのは2008年のこと。仏系米国人循環器専門医オリビエ・アメイセン氏)が、自身の著書『最後のグラス』でバクロフェンの大量投与によって、自らのアルコール依存症を克服したと書いたことがきっかけだった。

今回発表されたのは、18歳から65歳の大量飲酒者320人を対象に、2012年から13年6月にかけて行われた臨床試験について研究の報告結果。この研究では320人を2つのグループに分け、一つのグループにはバクロフェンを高用量投与し、他グループにはブラシーボ(偽薬)を与えた。飲酒をやめるようには指示は出されなかったが、飲酒をやめた、もしくは飲酒量が減った被験者は、ブラシーボのグループで37%だったのに対し、実際にバクロフェンが投与されたグループでは57%だったと言う。

同日に発表された別の研究結果でも、同様にブラシーボのグループに比べ、バクロフェンを投与されたグループでは大きく飲酒量が減ったという結果が報告された。

月内にも仏国内で商品化申請の見通し

AP通信によれば、2012年発表された大量飲酒者132人を対象とした実験結果では、被験者の80%が断酒に成功するか、適度な酒量になったと報告されており、現在アルコール依存症治療に広く使われているナルトレキソンやアカンプロセートと比較して20%から25%高い治療成功率が見られたという。副作用として疲労や、眠気、不眠や胃腸障害などは出るものの、アルコール依存症の高い効果があるとして注目を集めている。

日本では現在の所、依存症の治療目的としては使用されていないが、フランス保健当局は2014年、アルコール依存症を治療する目的で使う場合にも暫定的に承認している。他の国でも、多くの人が同じ目的でバクロフェンを使用しているとみられる。

仏の製薬会社エティファルムは、月内にもアルコール依存症薬としてバクロフェンの仏国内での商品化申請を提出するとしている。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)