東京都と京成バスは2020年東京五輪・パラリンピックの輸送手段として期待されるBRT(バス高速輸送システム)の運行会社設立を延期する方針を固めた。築地市場の移転延期で運行ルートの見通しが立たない為である。東京五輪・パラリンピック成功の為には欠かせない輸送手段となる為、速やかな計画見直しが求められる。

主要競技場や選手村と都心を結ぶ基幹ルート

BRTとは「Bus Rapid Transit」の略。東京都交通局によると、連節バス、ICカードシステム、道路改良などにより、路面電車と比較して遜色のない輸送力と機能と柔軟性を有する、バスをベースとした都市交通システムを指す。

今回計画されていたルートは虎ノ門・新橋から勝どきを経由して臨海副都心に至るルートである。2016年度中の運行会社に運行会社を設立し、2019年中の開業を見込んでいた。東京都都市整備局によると、2020年五輪・パラリンピックまでの開業を目指すとしているが、当初計画からは遅れが生じる可能性がある。

臨海副都心部には競技場が集中し、選手村も同地区内に建設される事となっている。大会の成功の為には都心と同地区を結ぶ輸送手段が欠かせない。鉄道よりも投資額が低く済む事等から、BRTが輸送計画の柱とされている。同計画は全長18メートルの連節バス(定員129人)や燃料電池バス(同77人)を想定しており、大型車両が頻繁に行き来する為に、道路の拡張や整備が必要となる。

延期の理由は築地市場問題

BRT運行会社設立延期の原因は、「築地市場の移転延期」である。築地市場が豊洲新市場へ移転した後、旧築地市場内を通る環状2号線の整備が始まる予定であった。築地市場の移転が延期された事によって、環状2号線の開通時期やルートも計画変更となり、BRTの運行ルートも決まらないという状況である。東京都によると、運行会社の設立時期や計画が固まるのは、今夏以降とされる築地市場の移転判断次第であるという。

築地市場を迂回する暫定道路を使用する案も出ているが、従来計画と比べると道幅が狭くなる等、輸送力が落ちる事が見込まれる。また、築地市場の移転時期が見通せなければ、暫定道路案への移行に踏み切る事も難しい。

東京都の試算ではオリンピック期間中に1500万人を超える来場者が訪れると見込まれる。開催までの時間も限られ、BRTを柱とした輸送計画を変更する事は不可能である。築地市場の問題に速やかに目処を付ける事が必要となる。

また臨海副都心部は大会後、住宅地として整備される事となっている。都心と巨大住宅地を結ぶ輸送機関として、同計画は大会後も大きな役割を果たす事となる。輸送手段が未整備な状況では、同地区の不動産価値にも影響を及ぼす。オリンピック期間だけに照準を合わせたその場凌ぎの計画では無く、オリンピック後も見据えた都市計画が必要となる。時間は限られており、東京都にはオープンな議論としっかりとした説明が求められる。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)