線路と道路の両方を走ることができる「デュアル・モード・ビーグル(DMV)」が、2020年をめどに徳島、高知両県を結ぶ第三セクター鉄道・阿佐東線に導入される。DMVはJR北海道が開発した低コスト車両で、導入は全国で初めて。

阿佐東線は沿線人口の減少から開業以来1度も黒字になったことがなく、最も利用者が少ない三セク鉄道に何度も名前を挙げられてきた。徳島、高知の両県はDMVの導入で三セク会社の苦境を救うとともに、観光客を呼び込んで沿線を活気づかせたい考えだ。

DMV,3セク,地方鉄道
徳島県海陽町のJR牟岐線で2012年、走行実験をするDMV(写真提供=徳島県)

阿佐東線とJR牟岐線の約10キロを専用区間に

徳島県次世代交通課によると、DMVの運行計画区間は徳島県海陽町のJR牟岐線・阿波海南駅から高知県東洋町の阿佐東線・甲浦駅間約10キロ。DMV専用区間とし、座席20~30程度のDMV車両3台を2017年度から3年間かけて調達する。

同時に専用区間両端の阿波海南駅と甲浦駅に接続施設を設置してDMVが道路と行き来できるようにする。阿佐東線の海部-甲浦間は駅舎が高架上にある。片側の甲浦駅には長いスロープを新設するが、コスト削減のためにもう片側はJR牟岐線の阿波海南駅を使用する。牟岐線を運行するJR四国からは、既に協力の意向が示されているという。

甲浦駅で高架を降りたDMVは、道路を走って約40キロ離れた高知県室戸市の室戸岬へ向かう計画。道路上の運行は当面、地元のバス会社に委託し、周遊観光やイベント利用など観光目的とするが、将来は路線バスとしても活用したい考えだ。

徳島、高知両県と海陽町など沿線6県町は、2020年度までにDMV 調達や施設整備に10億円を投じる。2017年度当初予算には、6県町合わせて約1億8千万円が計上された。

導入時期はインバウンド観光がピークを迎えると予想される2020年の東京五輪に合わせた。DMV自体を目玉にし、徳島県南部から高知県東部へ国内外の観光客を呼び込もうと考えている。

徳島県次世代交通課は「沿線の人口減少で阿佐東線の経営は苦しくなっているが、経営を改善して公共交通を維持しなければならない。観光目的での活用を考えてもDMV導入の効果は大きいはず」と期待している。

ディーゼル車より車両製作費が安く、燃費も良好

DMVはマイクロバスの車体に鉄道用の車輪を付け、線路と道路の両方を走行できる。道路ではバスと同様にタイヤで走行するが、線路では収納していた列車用の車輪を出して軌道上を走る仕組みだ。

車両の製作費用が約1億2000万円と通常のディーゼル車に比べて数千万円安く、重量が4~5分の1と軽いため、燃費も良い。観光利用の場合、駅から離れた名所まで乗り換えなしに乗客を輸送できるメリットも持つ。

JR北海道が赤字ローカル線への導入を狙って2002年から開発に着手し、2004年に試作1号車を発表した。その後、トヨタ自動車 <7203> や日野自動車 <7205> も加わり、試作が続いたが、JR北海道は経営危機から2014年に道内での実用化を断念している。

経営危機が続いていた兵庫県の三木鉄道、宮崎県の高千穂鉄道(いずれも廃止)、静岡県の大井川鉄道、千葉県の小湊鉄道などが一時、導入を検討したものの、実現しなかった。徳島、高知両県以外では、山形県長井市など2市6町で導入構想が出ている。

国土交通省は2013年にDMVの導入、普及に向けた検討会を設置するなど、活用方法を検討してきた。JR北海道の実験結果も踏まえ、専用線区の設置と複数の車両を接続しない単車運行なら有用性が認められるとの評価を下している。

阿佐東線運行会社の経営は危機的状態

阿佐東線は国鉄時代末期に建設されたまま放置されてきた海部-甲浦間8.5キロを利用し、1992年に開業した。徳島、高知両県と沿線自治体が出資し、第三セクター会社の阿佐海岸鉄道が運行している。

2015年度の乗客数は4万4000人。営業収入は900万円ほどしかないのに、営業費用は8000万円近くに達する。経常損失は7000万円。1キロ当たりの1日平均輸送人員を指す輸送密度は106人で、JR北海道が路線見直しで廃止を決めた石勝線・夕張-新夕張間の118人より少ない。

阿佐東線沿線の海陽町は1970年の人口1万6000人がいまや1万人足らず。東洋町も6000人が半分の3000人以下になっている。今後も急速な人口減少が続くとみられ、阿佐東線の経営が好転する材料は見えなかった。

沿線には、サンゴ礁の北限とされる竹ケ島海中公園やサーフィンの名所・生見海岸など観光地がある。黒潮の影響で潮流が速く、工場が少ないため、海水がきれいなこともセールスポイントだ。

しかし、知名度が低く、多くの観光客を集められていない。東洋町企画調整室は「DMVの導入をきっかけに多くの観光客がやってくれば、観光地の知名度も上がり、地域の観光が活性化するのでないか」とみている。

阿佐海岸鉄道の岡本真一専務は「車両自体が観光の目玉になり、交流人口の拡大に期待が持てる。地域観光活性化の起爆剤としていきたい」と力を込めた。DMVは人口減少で沈滞する地域と経営危機の三セク鉄道を立て直す起死回生策となるのだろうか。

高田泰 政治ジャーナリスト この筆者の記事一覧
関西学院大卒。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員として年間企画記事、子供新聞などを担当。2015年に独立し、フリージャーナリストとしてウェブニュースサイトなどで執筆中。マンション管理士としても活動している。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)