輸入バターの入札価格が1年前と比べて価格が5割以上上昇している。

独立行政法人農畜産業振興機構が2017年3月9日に実施した輸入バターの売買同時入札(SBS方式)の平均落札価格は1トンあたり80万4592円となった。2016年2月25日の同平均落札価格は52万0439円であり、約1年で5割も価格が上昇した事になる。高止まりしている小売価格が一段と上昇する可能性もある。

バター,小売価格,値上げ,輸入
(写真=PIXTA)

各国の生産調整が輸入価格を押し上げ

輸入バターの価格を左右する指標としてニュージーランドの乳牛大手フォンテラの公表する「GDP価格指数」がある。同指数は2016年8月15日の514ポイントを底に上昇を続けており、2017年3月21日には972ポイントとなっている。輸入価格も同指数の上昇と足並みを揃える形で上昇している。

価格上昇の原因は各国の生産調整にある。「GDP価格指数」は2014年を境に2016年8月に底を打つまで下落を続けていた。収益悪化に直面し、各国は生産を絞る事にシフトする事となった。バター輸出大国ニュージーランドの2016年生産量は、米農務省調査の推定値で前年から3.3%減少となっている。生産調整の結果、需給バランスが改善され、価格上昇に転じたのである。

足下のバター小売価格に大きな変化はないが、そもそも小売価格は過去数年高止まり状態となっている。総務省の「小売物価統計調査」によると、2017年2月の東京のバター小売価格は200gあたり430円である。2014年に400円台に乗った後、「GDP価格指数」の下落局面においても下がっていない。

小売価格の高止まりは国内市場の特殊事情が大きな要因

国内バター小売価格の高止まりは国内バター市場の特殊な仕組みが影響している。

生乳はバターに加工するよりも牛乳に加工した方が高く販売できる。バターの生産を増やすインセンティブは働きづらく、国内生産は伸びていない。米農務省調査によると、2016年のバターの国内消費量は7万7000トンであるが、国内生産量は6万7000トンとされている。不足分は輸入に頼る事となるが、この輸入に大きな問題がある。

バターの輸入は国に管理されており、独立行政法人農畜産業振興機構が行っている。自由貿易は禁止され、管理貿易が行われる市場となっている。同法人は国内畜産業保護の為、輸入量増加で需給のバランスが崩れないように調整している。その為、バター小売価格は需給要因による価格下落が起こり辛い。需要増による価格上昇は起こる為、ここ10年バターの小売価格は一貫して上昇傾向となっている。

冒頭の輸入バター売買同時入札の落札率が28%となっている事からも分かる通り、足下の国内のバター市場に品薄感は乏しい。しかし、今後国内需要増や更なる輸入価格の上昇が続けば、小売価格の一段の上昇も懸念される。

畜産業者の保護も重要であるが、牛乳などに回され、敢えて生産の伸びが抑えられているバターを保護し続ける必要性に疑問も生じる。消費者の利益も考慮した国内バター市場の変革が望まれる。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)