セブン銀行 <8410> がスマートフォンを使って入出金ができるATMの発表会を都内で開催した。2017年3月27日より全国2万3000カ所のセブン銀行ATMで利用できる。キャッシュカードなしで入出金が可能になり、ますます利便性が高まる見込みだ。

じぶん銀行の無料アプリで入出金可能

スマートフォン,ATM,じぶん銀行
(写真=PIXTA)

このサービスを利用するにはじぶん銀行の口座が必要となる。じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJが共同出資し、2008年に設立されたインターネット銀行。2017年2月末時点での口座数は240万口座、預金額は7600億円に達している。

利用方法は、まずじぶん銀行のアプリで出勤したい金額を入力し、カメラを起動させる。ATMの取引開始ボタンを押して、表示されたQRコードを読み取ると、スマートフォンに番号が表示される。表示された番号と暗証番号を入力することで、現金を引き出すことが可能だ。

引き出しにかかる時間は約40秒で、キャッシュカードを利用した際との差は10秒ほどととなる。

じぶん銀行の口座を持つ方であれば、新たなアプリのダウンロードの必要はなく、既存の銀行取引アプリを使用する。iOS、Androidどちらにも対応しており、ほとんどのスマートフォンで利用可能だ。

2017年3月27日の時点では、じぶん銀行の口座を持つ方のみがサービス対象だが、今後は他の銀行口座でも同様のサービスを提供したいと考えている。発表会に出席したセブン銀行の二子石謙輔社長の意欲を見せたという。

スキミングの恐れが少なくセキュリティーも高い

ATMを利用する際に心配なセキュリティー面だ。セブン銀行によれば、アプリを利用した際のセキュリティーは、ICカードを利用した際と同水準。じぶん銀行アプリの使用には指紋認証が求められる上、口座の暗証番号がわからなくては現金を引き出すことはできない。

また、QRコードを読み取ることでアプリ利用者とATM操作をする人が同一人物であると確認でき、なりすまし防止もできる。万が一、スマートフォンを紛失した場合は、遠隔操作で情報を消去することも可能だ。その場合、新しいスマートフォンでアプリ設定すれば、同様にアプリでの入出金ができるのも大きな魅力となる。

スマートフォンでの入出金は、スキミング対策にも有効だ。スキミングとはカード情報をスキマーと呼ばれる機器で読み取り、カードを不正利用する犯罪だ。2013年にはセブン銀行のATMカード挿入口にスキマーが取り付けられ、カード情報を不正に取得する事件も発覚している。

キャッシュカードやクレジットカードはIC化がすすみ、スキミングしにくくなってきているが、被害はゼロにはなっていない。キャッシュカードが不要なスマートフォンでの入出金なら、スキミングされる可能性は低いのかもしれない。

従来のキャッシュカードを使っての入出金に加え、スマートフォンでの入出金が可能になることでさらに利便性は高まるはずだ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)