独ベルリンのボーデ博物館から重さ100kg、推定価格450万ドル(約5億116万円)の巨大記念硬貨「ビッグ・メープル・リーフ」が盗まれるという事件が発生した。NBCニュースが報じたもので、3月27日のことという。

盗難の規模という点では、米美術品盗難史上最高となる500万ドル(約5億5665万円)の被害をだした、24年前のイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館の盗難事件にほぼ匹敵する。

高価な美術品を狙った犯罪は組織化しており、世界中で年間5万件から10万件の美術品窃盗が発生。FBIは美術品窃盗犯が年間60億ドルから80億ドル(約668億5200万円から891億3600万円)の利益をあげていると見積っている。

ダ・ビンチ、ムンク、ゴヤの作品も盗難の被害に

美術品,盗難,犯罪組織
(写真=Thinkstock/GettyImages)

NBCニュースによると、盗まれた金貨は2007年にカナダ王室造幣局が鋳造したもので、直径35cm、厚さ3cm。英国のエリザベス2世の横顔が刻まれている。

2010年12月から展示していたボーデ博物館は金貨の価値を100万ドルと公表しているが、金100kgの市場価格は450万ドル(約5億116万円)にのぼる。警察は犯人(あるいは窃盗団)が鉄道横の美術館裏窓から侵入したと推測している。

美術館から作品が盗みだされること自体はけっして珍しい事件ではない。有名な絵画ではレオナルド・ダ・ビンチの「モナ・リザ」が1911年に仏ルーブル美術館からイタリア人の男によって持ちだされ(1913年に無事返還)、世界に4枚存在するエドヴァルド・ムンクの「叫び」は1994年と2004年の二度にわたりノルウェーのオスロ国立美術館から略奪されている(ともに無事返還)。フランシスコ・デ・ゴヤによる「ウェリントン公爵の肖像画」は1961年に英ナショナル・ギャラリーから盗まれたが、犯人が自主したことで返還された。

6億円の賞金がかかっているガードナー美術館の盗難事件

米美術品盗難史上最高額の被害は、1993年3月、米マサチューセッツ州ボストンのイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館から合計13点もの名画などが忽然と消えた事件だ。
バロック期を代表する天才画家のひとり、レンブラント・ファン・レインが描いた「ガラリアの海の嵐」やエドゥアール・マネの「トルトニ亭にて」などを、警官をよそおったふたり組の男がもち去った。最も高価な作品は世界に36点しかないといわれているヨハネス・フェルメールの作品のひとつ、「合奏」だったという。

この事件は23年の歳月を経て、2013年にようやくFBIが容疑者の特定にこぎ着けた。しかし主犯格とされるボストン地域のニューイングランド・マフィアのボスを含む多数の容疑者がすでに他界していたことから、逮捕は実現しなかった。

盗まれた絵画は闇市に流出したと推測されている。ガードナー美術館は13点の絵の返還に500万ドル(約5億5665万円)の賞金を申し出ているが、現時点では有力な情報は舞いこんでいないようだ。2016年には銅像「ナポレオン1世時代の銅の鷲」に10万ドル(約 1113万円)の別途賞金をかけた。

201億円相当の名画が盗まれたビュールレ美術館

2008年2月にスイスのチューリッヒにあるビュールレ美術館で起きた盗難事件は、これをさらに上回る。セザンヌの「赤いチョッキを着た少年(推定価格1億ユーロ(約111億4000万円)」を筆頭にクロード・モネ、フィンセント・ファン・ゴッホ、エドガー・ドガの絵画4点、総額1億8000万スイスフラン(約200億5400万円)が盗みだされた。

しかし事件から1週間後、ゴッホとモネがチューリッヒ市内に駐車していた車の中から発見されたほか、最終的に4点すべてが返還され、容疑者も逮捕されている。

こうして盗まれた美術品が発見されるのは。まさに不幸中の幸いだ。ガードナー美術館の例のように、長い歳月にわたる調査の甲斐もなく、いまも行方不明になったままの美術品は星の数ほどある。

美術品窃盗率No.1 は英国 盗んだ絵画で身代金請求?

美術品の窃盗の歴史は古く、盗難品が売買される闇市場は巨大化している。盗まれた美術品はプロの密輸業者の手にわたり、規制の緩い国や地域に持ちこまれるという。盗難品は一部のコレクターのほか、犯罪組織による銃器や薬物などの売買担保、保険会社や美術館への「身代金」の要求に利用されるそうだ。

美術品の盗難データサイト「Theft and forgery in the world of art」のデータによると、世界中で年間5万件から10万件の美術品窃盗が発生しているという。発生率は40%と英国が世界一高く、総額3億ポンド(約 416億8222万円)相当にものぼる。米国は19%。カナダでは年間平均90件から100件の美術品窃盗の調査が行われているという。

2003年から2008年にかけて美術館から奪われた美術品の総額は7億5350万ドル(約839億5497万円)。富裕層など個人宅からの窃盗も52%に達している。FBIの推定では、美術品窃盗犯の利益は年間60億ドルから80億ドル(約668億5200万円から891億3600万円)に達している。

盗難にあった美術品を含む文化財をデータ化したウェブサイト「インターポール(国際刑事警察機構)盗難美術品データベース」には、2013年6月の時点で4万1000点を超える作品が展示されている。いまも行方のわからない名画を観覧できる貴重なバーチャル・データ源だ。(アレン琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)