儲かるための「数字」講座

「数字」が読めると本当に儲かるんですか?

安易な値下げ,限界利益率,儲けパワー
(写真=Thinkstock/GettyImages)

「なぜ、うちの会社は赤字体質から抜けられないのか」
「安易な値引きをするから、社員を馬車馬のように働かせてしまうブラック化が進むのではないか?」

こうした疑問はおそらく 「会計・経理の知識がない」 という答えにほとんど集約されます。というのも、「会計や経理の知識を持っていない」ということは「会社の現状を理解する術を持っていない」ということを意味するからです。

楽天市場で人気の花屋を営む古屋悟司さんは、かつてこのことを痛切に感じたそうです。とにかく売上を上げることを目標とし、年商が大台の1億円を突破したにも関わらず、赤字体質による資金不足に不安を感じ続ける日々。

そうして倒産寸前まで追い詰められたときに出会ったのが、いくら売れば儲かるかがわかる「限界利益」や会社の現状を映す鏡ともいえる「限界利益率」といった「会計」の知識でした。その「数字の読み方」を授けてくれたスゴ腕の税理士さんのおかげで、経営のV字回復に成功し、以降黒字続きだそうです。

その古屋さんの実話を元にした書籍 『「数字」が読めると本当に儲かるんですか?』 から、数字オンチでもわかる「儲かる会計」の基本をみてみましょう。

いくら売れば儲かるのか?「限界利益」がカギに