特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
銘柄分析
Written by ZUU online編集部 5,387記事

日々のニュースから銘柄選び

【投資のヒント】今期こそ最高益が期待される銘柄は

先月からスタートした小売り企業を中心とした2月決算企業の本決算発表も終わりとなりましたが、東証1部上場の2月期企業の決算を集計してみると前期は6%近い経常増益となり、今期も3%余りの増益が見込まれています。そしてこのように堅調な決算となるなかで今期に最高益が見込まれる2月決算企業も少なからずみられます。

投資のヒント,2月決算銘柄,最高益更新
(写真=Thinkstock/GettyImages)

そこで投資のヒントでは前期に続いて今期も最高益が期待される銘柄を取り上げてきましたが、今回は前期は最高益に届かなかったものの、今期は最高益が予想される2月決算銘柄をピックアップしてみました。

例えば東京個別指導学院 <4745> では11年ぶりの最高益更新が予想されているほか、ダイセキ <9793> でも10年ぶりの最高益が期待されています。

◆前期は最高益でなかったものの今期に最高益が予想される2月決算銘柄

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
慎重スタンス継続 戻りは売りで対処
北朝鮮情勢、米国景気、仏大統領選などリスク要因多く買いが入りにくい 北の対話姿勢が状況好転の鍵
英BREXIT始動:今後のスケジュールと6つの論点
フランス大統領選挙の予想と”リスクシナリオ”:カギ握る投票率
【決算メモ】安川電機(6506)

【投資のヒント】今期こそ最高益が期待される銘柄は
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 日本株銘柄FOCUS【決算メモ】安川電機 <6506>
NEXT 「eスポーツ」夏季アジア大会に採用 カプコン、モブキャスな...