不動産投資をする者にとって情報の収集は欠かせない。投資家としては水面下の物件情報を入手したい。また、いち早く不動産市場や入居者の動向や法改正などの影響を知り、良さそうな対応策を探す時間と手間を省きたい。その際、どの情報を活用するかが悩ましいが、従来からの「メルマガ」は今もなお、その便利さが見逃せない。

定期的に送られてくる情報をどこでも簡単に読めるという手軽さに加え、見忘れの少なさもある。購読し続けると自然と不動産投資の相場観や知識が見に付いてきたりもする。今回は「いい不動産メルマガの特徴」を検証する。

目利き勝負、非公開物件系メルマガ

メルマガ,不動産情報源
(写真=Bennyartist/Shutterstock.com)

いわゆる「新着物件メール」は、不動産検索サイトや不動産会社に登録した希望条件に適合した新着の掲載物件を機械的に送るもので、物件数が多いと詳細な条件設定が可能になる。よって、一般的には情報価値は物件数の多さに比例する。但し、殆どはレインズに掲載された公開物件のため、ライバルは多い。

一方、「非公開物件のメルマガ」は、持ち主から売却を依頼された専任不動産会社が、レインズに掲載しなくてはならない7日以内に、会員に限定して情報を公開するケースなどである。不動産会社はメルマガ読者はじめ買主を自身で見つければ、売主・買主双方から手数料を得る「両手取引」が成立する。レインズに掲載される前のため、ライバルは会員同士と多くはない。

ところで、非公開物件は全て良い物件だろうか?もちろん、良い物件も少なくはない。しかし、現地調査もしていない、賃料の査定も甘い、資料も完全に揃っていないという物件情報を鵜呑みにして、買付を入れると痛い目にあう。具体的には、資料の紙面からではわからない大きな修繕の必要性を組み込んでいないと、高すぎる値付けになる。

また空室の家賃を高く設定していると、家賃と利回りで価格が決まる収益物件の価格は高すぎる破目になる。非公開物件をどのような観点で査定しているか、どう説明しているかに加えて、取り寄せた資料の精度などよって、不動産会社の力量をはかって購読したいものだ。

成果を出す実践が決め手、投資ノウハウ系メルマガ

不動産投資のノウハウを紹介する無料のメルマガは、基礎から最新ニュースまで網羅する大手サイトから、一投資家が発信するメルマガまで百花繚乱だ。収益物件を紹介するメルマガは直接的に売買に結びつく可能性があるが、投資ノウハウ系メルマガを送る目的は何だろうか。企業は「集客につながる顧客の育成」を目的とすることが多く、個人はサイトへの誘導もふくめた広告やアフィリエイト収入などである。有益な情報を発信してくれるメルマガならば、ファンになり、喜んで引かれたレールにのる先方にとって良い顧客になる可能性がある。

有益な情報とは何だろうか。信頼度の高い出典や情報源によってきちんと情報の裏付けがなされていることを前提に、タイムリー、新しさ、面白い切り口などが条件になるが、机上の空論よりも、その情報を活かして成功している投資家の実践情報の方が参考になる。立派なノウハウを語る不動産会社の営業マンに「なぜその方法で投資しないのか」と質問したくなるのに対して、成功した実践を語る大家さんは素直に尊敬でき、夢をもらいながら真似をしたくなるからである。

但し、有益なメルマガであり続けるのは至難の技だ。当然ながら、読み応えのある原稿作りには手間がかかる。週1回など定期配信に追われて疲弊した書き手は「配信そのもの」が目的となり、内容や質が低下していくことも間々ある。内容の薄いメルマガは読む気が薄れ、読むのが後回しとなり、いつも読まない状態に陥ることもある。

つまり専門性の高い書き手を常時投入もしくは、常に新しいことに挑戦する不動産投資家によるメルマガだけが、面白い情報発信を継続できるとも言える。

投資スタイルや投資家属性などによる、複数の情報源活用

メルマガスタンドには、多くの不動産投資家によるメルマガが並ぶ。発行2年以上かつ、発行部数3000部以上の無料メルマガまたは優良認定された有料メルマガという制限をつけても、いくつものメルマガが存在する。この中から、どのように選べばよいのだろうか。

不動産投資と一口に言っても、区分マンション、木造アパート、一棟マンション、中古戸建、新築シェアハウスなど様々あるのだから、自分が行う或は目指したい不動産投資方法を主軸とするメルマガを選ぶと参考になる。また、サラリーマン・公務員・自営業など自分と同じ属性の投資家を選択するのも一案だ。

いずれにしても、どんなに良質のメルマガであっても、その一つだけを信じて行動に移すことは危険を伴う。同じニュースも別の角度からの見方を読むことは情報の裏付けに通じる。複数のメルマガを利用するほか、定期的に閲覧するサイトやブログと組み合わせてもよい。その上で、情報の内容は論理的かどうか、自分の不動産投資に合うかを考えた末に不動産投資に活用する術を身に付けたいものだ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)