ソフトバンクとウィルコム沖縄は2018年3月31日をもって、Y!mobileのPHS向けの料金プランの受付(新規受付)を停止する。既にPHSのサービスはこの2社以外のものは終了しているが、これによってPHSのサービスは終焉へと向かっていくことになる。これまでのPHSの歴史と存在意義を振り返ってみよう。

携帯電話が高価だった時代に登場したPHS

スマホ
(写真=PIXTA)

PHSは日本では1995年に登場し、当時は端末が高価だった携帯電話の廉価版として登場した。携帯電話の基地局(当時はアナログと2Gの時代)よりもはるかに小さなマイクロセルと呼ばれる基地局を数多く市街地に配置した。電信柱や駅のホームに設置された小さな基地局を見かけた方も多い事だろう。携帯電話の基地局が持つ出力の50分の1以下という小さな基地局を、網の目のように配置することによってサービスエリアを確保する、という考え方だった。

当初はごく限られたサービスエリアしか持たなかったが、徐々にそのエリアも広がっていった。最大の特徴は、何と言っても安価な端末料金と通話料金だったため、未成年者が使うのに最適という理由もあってか、発売当初は大いに盛り上がった。PHSを展開するためにNTTパーソナル、アステルなどのキャリアが登場したが、別地域に行くとつながらない、携帯電話との通話ができないなど、今の携帯電話からは信じられないような制限もあった。しかしそれも地域別のキャリア同士のローミングにより、徐々に解決していく事になる。

ユニークな端末、サービスが続々登場し、市場を牽引していったPHS

PHSの最大の特徴は端末価格の安さであり、それ故にチャレンジする余地がデザインや技術面などで多数存在した。デザイン面ではドラえもんの形をした端末(「ドラえホン」)から始まり、大型化する携帯電話とは対象的な小型端末も数多く登場した。またスライドするキーボードを備えたW-ZEROや、腕時計型の端末「WRISTOMO(リストモ)」などが登場し、携帯電話では開発することが難しかったであろう分野を切り開いた。

携帯電話と比較して(一部例外もあったが)一貫して「小型」で「連続稼働時間」の長いモデルが揃い、持ち運びやすさや通話料金を重視したユーザからは根強い人気を保った。またW-ZEROやWRISTOMOなどの端末で培われた技術やアイデアは、後年のキーボード付きのスマートフォンやウェアラブル端末に活かされている部分も多いため、いわば現代の端末の元祖とも言える。

サービス面でも、通信料金や通話料金の定額制を携帯電話よりも先に始めており、その意味でも携帯電話に対する先駆者とも言えた。シェアで携帯電話に敗北してからも、通信料金定額はしばらくの間PHSの大きな武器となった。

しかし携帯電話の圧倒的な普及によってPHSはその差別化された利点を十分に生かすことができなくなり、日本では続々とサービス終了するキャリアが出始め、今回のソフトバンク、ウィルコム沖縄の発表により、PHSはその使命を終えることになる。

海外にも展開したPHS

PHSは日本だけで行われたサービスではなく、主にアジア圏でも展開された。中国でサービスされていたものは小霊通(シャオリントン)と呼ばれ、日本同様安価に使える携帯電話とみなされ、大都市部である程度普及した。

ただし日本でもそのような触れ込みだったように、固定電話の無線サービスという意味合いが強く、日本同様携帯電話の普及によって押されていった。

他にも香港や台湾、ベトナムやタイなどでもPHSのサービスが存在したが、現在はその多くが日本同様終えんに向かいつつある。理由は日本と同様、携帯電話との差別化が計れなくなった為である。特に香港では無線周波数帯の開放を目的に、2016年にPHSの所持・使用が「禁止」されている。

日本においても近年はPHSの新機種はほとんど出ていなかったが、それでもある程度の期間サービスを維持できた理由としては、他国に展開されたPHSの技術基盤(基地局やベースバンドチップなど)と共用し、海外にも供給することにより、ある程度のスケールメリットがあったから、とも言える。

携帯電話の代わりとして出たPHSだが、恩恵も計り知れなかった

基本的には「携帯電話は欲しいけど、端末も通話料金も高い…」と考えていた人たちに対し、その安価版として考えられていたPHSではあるが、携帯電話に対してPHSというライバルがいなかったら、特に通信料金や通話料金の面で競い合う相手がいない(携帯電話のキャリア間の競争は微々たる差でしかない)ため、果たして携帯電話の通話料金が今日のように安くなったかは疑問である。

通信量や通話量の定額制はPHSがもたらした競争土壌であり、料金面でのライバルとして存在した意義は大きい。また先述の通りユニークな端末が開発され、その技術や思想は確実に後年の携帯電話に活かされているため、これも存在意義は大きい。それら携帯電話に活かされたPHSの「遺産」の部分は記憶にとどめておいても良いだろう。(信濃兼好、メガリスITアライアンス ITコンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)