しょうゆの醸造蔵が点在する昔ながらの街並みが重要伝統的建造物群保存地区に指定されている和歌山県湯浅町で、明治初期に建築された古民家2棟を宿泊施設として再生する改修工事が進んでいる。兵庫県篠山市の集落丸山など国内外から観光客を集める成功例があることから、地域振興と文化財維持を両立させようとする取り組みだ。

政府は古民家を活用した地方創生策を推進しており、重要伝統的建造物群保存地区の規制緩和を進める方向。湯浅町だけでなく、全国各地の保存地区で古民家再生による地方創生に熱い視線が注がれ始めた。

しょうゆ発祥地の和歌山県湯浅町でも2棟が本年度中にオープン

古民家,地方創生
政府が古民家宿泊施設のモデルと考える兵庫県篠山市の集落丸山(2016年11月、筆者撮影)

湯浅町はしょうゆの発祥地として知られ、昔ながらの街並み6.3ヘクタールが2006年、文部科学省から重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。町は保存地区内にある明治初期建築の古民家2棟を内部改修し、1棟貸しの宿泊施設とする。ともに10年来、空き家となっていた。

2棟のうち1棟は3月末までに内装の改修工事が完成した。もう1棟は近く工事に入り、早ければ秋ごろにも完成させたい考え。もう1棟が完成したあと、地元の物販会社が2017年度中に宿泊施設として運営を始める。

保存地区は東西400メートル、南北280メートルの一帯に、白壁の土蔵や格子戸、虫籠窓を備えた伝統の家並みが続く。しょうゆの醸造蔵も点在し、江戸時代を思わせる雰囲気だ。地区内にある古民家のうち、135棟は所有者が保存に同意しており、町は手始めに2棟を宿泊施設として活用することにした。

町はしょうゆの醸造と柑橘類の栽培で古くから知られてきた。しかし、人口は1985年の1万7000人をピークに減少の一途をたどり、現在は1万2000人まで落ち込んでいる。65歳以上の高齢者が全人口に占める割合を示す高齢化率も、2015年現在で32.8%。全国平均の26.6%を大きく上回っている。

町内には居住可能な古民家が約210棟あるが、人口減少の影響を受けて2016年10月現在でざっと2割が空き家だという。

町は大阪市の中心部から列車を乗り継いで約2時間。湯浅町産業観光課は「古い街並みを維持しながら、交流人口の拡大を図りたい」と意欲を見せた。

政府が古民家活用を積極的に後押し

重要伝統的建造物群保存地区を含む古民家の観光利用は、政府が積極的に後押ししている。政府は2016年9月、菅義偉官房長官を議長とする「歴史的資源を活用した観光まちづくりタスクフォース」を設立し、古民家の観光利用について本格的な模索を始めた。

1月には、民間人材による「歴史的資源を活用した観光まちづくり専門家会議」を設置するとともに、内閣官房に「歴史的資源を活用した観光まちづくり連携推進室」を置き、支援体制を整えた。各地域からの相談に対応を始めている。

政府の専門家会合が2016年末、建築基準法などの適用除外検討を求める中間報告をまとめたのも古民家活用推進の一環だ。建築基準法以外に旅館業法、消防法についても規制緩和を進め、古民家を地方創生に生かす狙いがある。政府は2020年に全国200地域で取り組みが進むことを目標としている。

構造改革特区として古民家を簡易旅館に改修した兵庫県豊岡市の出石地区は、旅館業法で定められた帳場やフロントの設置をビデオカメラなどで代行している。湯浅町の古民家宿泊施設も帳場を置かない方針という。

兵庫県篠山市の集落丸山は地方創生の優等生に

政府がモデル地区と考えているのは、兵庫県篠山市の集落丸山だ。丸山地区は広さ4.2ヘクタールで、住民は6戸、23人。重要伝統的建造物群保存地区ではないが、2009年に集落内にある築150年以上の古民家を宿泊施設に改修して「集落丸山」として開業、一躍有名になった。

現在は2棟が1棟貸しの宿となり、首都圏や京阪神から宿泊客が相次いでいる。リピーターや外国人の宿泊客も多い。開業前は消滅寸前の限界集落だったが、集落丸山の成功で脱限界集落の成功例としてもてはやされている。

宿泊施設の室内は水回りを除いて昔の農家そのもの。周囲に特筆すべき観光地はない。あるのは里山と日本人の原風景ともいえる農村の景色だけ。その代わり、地区ぐるみのもてなしと一流のシェフが作る最高級の料理を提供している。

宿泊客以外にも地区を訪ねる人が増え、都市部との交流が始まった。開業前に2.1ヘクタールあった耕作放棄地は、都市部の住民が借りて農業を進めている。Uターンしてきた家族もいる。集落丸山の佐古田直實代表は「人が人を呼び、地域が元気になった」と振り返る。

菅官房長官も2016年11月、集落丸山を訪れ、「地方創生のモデル地区だ。限界集落の問題をどう解決していくのか参考にしていきたい」と絶賛した。

集落丸山の事例は地元にある農村風景や歴史的建造物を活用することで地域ににぎわいを呼び込めることを実証した。後発の地域はそこに地元ならではのどんな魅力を付け加え、観光客にアピールするのか、全国の知恵比べが始まろうとしている。

高田泰 政治ジャーナリスト この筆者の記事一覧
関西学院大卒。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員として年間企画記事、子供新聞などを担当。2015年に独立し、フリージャーナリストとしてウェブニュースサイトなどで執筆中。マンション管理士としても活動している。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)