スマホ利用者の6割以上が毎日利用するアプリは5個以下ということが、ジャストシステム <1670> が行った「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」によって分かった。2015年5月下旬に男女15歳から69歳を対象にアンケート調査を行った。

20代女性の半数がインスタ使用

スマホ,アプリ
(写真=PIXTA)

インターネットサービスの利用状況についての質問では、Instagramを「現在利用している」と答えたのは全体の26.5%だった。

しかし10代女性では62.0%、20代女性では50.0%と高い利用率となっている。同じ年代の男性と比較すると10代男性が24.5%、20代男性が24.0%といずれも半分以下。利用率に性別・年代の偏りが大きいサービスといえる。

Instagramよりもさらに性別・年代の偏りが大きいのがSNOWだ。「現在利用している」という回答は全体の14.7%と2割以下。しかし、10代女性では68.0%と7割近い人が利用しているという結果となった。20代女性では38.0%、10代男性では28.0%と、10代女性に大きく比重が偏っている。画像中心のインターネットサービスは、若い女性、特に10代女性にとって欠かせないコミュニケーションツールとなる一方、他の年代ではあまり普及がすすんでいない現状が浮き彫りとなった。

逆に性別・年代関わらず「現在利用している」という回答が多かったのはYouTube、LINEなど。Facebookはボリュームゾーンが20代と30代で比較的年齢の高い層に利用率が高い傾向にあった。

60代のスマホ利用率高まる

現在利用している携帯電話についての質問では、スマホを利用している人は全体の79.5%となった。10代から30代では男女ともに8割以上がスマホを利用している。

全体での割合でみてみると、約1年前である2016年6月の調査では72.1%で6.4%増加した。しかし、年代別でみていくと、60代は2016年6月の調査で34.5%だったものが、今回は53.0%。18.5%も増加している。スマホ利用率は50代でも72.5%と7割以上が利用している結果となった。

テレビ、ラジオなど主要メディアの年代別平均接触時間についての質問では10代、20代でテレビよりもスマホからのインターネット接続が上回った。10代ではテレビへの平均接触時間が113.1分に対し、スマホからのネット接続が156.7分、20代ではそれぞれ137.2分と129.4分だった。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)