2016年の携帯電話構内総出荷量は前年比0.3%減の3648万6000台と、5年連続で減少したものの、スマートフォンの出荷台数は前年比3.3%増の3013万6000台に及ぶことが、リサーチ・コンサルティング会社MM総研の調査で明らかになった。そのうちAppleのiPhoneは52.7%と半数以上を占めており、根強い人気がうかがえる。

国内総出荷量は減少も、スマートフォンは出荷量は増加

スマホ,Apple,SIMフリー
(写真=kudla / Shutterstock.com)

MM総研が発表した調査によると、昨年4月から今年3月までの国内の携帯電話総出荷量は3648万6000台と前年比で0.3%減少。これにより携帯電話総出荷量は5年連続での減少となった一方で、スマートフォンの出荷台数は3013万6000台と前年比で3.3%増加と過去最高を記録した。

スマホの買い替えサイクルが長期化し、ドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアのスマホ売上が微減傾向にある中、増加をけん引したのは格安SIM業者の一般化によって需要が高まったSIMフリースマホだ。出荷台数は前年比で63.5%増加し、281万6000台となっている。これはスマホ総出荷数の9.3%に及ぶ。

携帯電話総出荷量が0.3%減少の中、従来のフィーチャーフォンの売上は14.4%と大きく減少していることから、これまでスマホとフィーチャーフォンとの併用によって通信料金を節約していた層が、格安SIM業者の普及によってSIMフリースマホに乗り換えた可能性がある。

SIMフリースマホシェアでは、ASUSが全体の29.4%を占めて1位。これで3年連続での首位となった。2位にHuawei、3位にプラスワン・マーケティングと続いた。

旧型のSIMフリーiPhoneが売上増

スマホの出荷量で1位となったのはAppleで、売上全体の52.7%を占めた。格安SIMの影響で「iPhone 5s」などSIMフリーの旧型が売上を伸ばした影響が大きい。これによりAppleの総出荷台数は1587万台で、携帯電話市場全体の43.5%にも及んだ。

スマホ出荷量で2位につけたのは6.2%減少したものの、457万台を売り上げたソニー、3位につけたのは昨年度から8%売上を伸ばし280万台を売り上げたシャープだった。ソニーとシャープは携帯電話市場全体でも見ても、2位と3位につけている。

同社は2017年度の携帯電話総出荷数を、昨年度並みの3千650万台と予想、うちスマホを3080万台と予想する。フィーチャーフォンの出荷台数のほか大手キャリアの出荷台数は更に減少していく中で、一方でSIMフリー市場はさらに拡大していくと予想する。

今後は大手キャリア、ワイモバイルなどの新興ブランド、格安SIM業者という競争環境の中で3000万台以上の安定した出荷台数が期待できることに加え、2020年度には次世代通信規格5Gの一部導入により、大手キャリア市場の回復も期待できるとしている。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)