11歳の男女1万2550人のうち、「寝室(日本の子ども部屋にあたる)にテレビがある男子の20%、女子30%が肥満問題を抱えている」 という調査結果が報告された。

調査を行ったユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの科学者は、過半数が7歳までに自分の寝室にテレビを設置している事実と、世界的に増加傾向にある子どもの肥満問題を照らし合わせ、警鐘を鳴らしている。

WHO「デジタル機器が子どもの健康のリスクに」

テレビ,子供,肥満,運動不足
(写真=Thinkstock/Getty Images)

調査レポートの作成者であるアンジャ・ヘイルマン氏は、「複雑な要因がからみあって肥満の原因となっている」ことを認める一方、主要原因は運動不足と見なしている。

しかしテレビを観ながらあるいはゲームをしながら、高カロリーなお菓子やジュースなどを摂取している子どもが多いことも、肥満率を押しあげている要因のひとつだろう。

デジタル機器と子どもの肥満の関連性を指摘している研究機関は多い。WHO(世界保健機関) も2017年に発表したレポートの中で、「デジタル機器の長時間利用が、子どもの健康をリスクにさらしている」との懸念を示した。

WHOは世界42カ国、20万人の子どもから回収した調査結果に基づき、2002年から2014年における子どもの肥満率を分析。ほぼ3分の2の子どもが1日平均2時間以上デジタル機器でゲームをしていること、運動不足の子どもが増えていることなどの事実が明るみにでた。

「デジタル機器の制限」も子育ての一環?

欧州では3分の1の子どもが肥満気味あるいは肥満しており、「21世紀の深刻な病のひとつ」と見なされている。英国の11歳の子どもの3人に1人が、米国では6歳から19歳の子どもの5人に1人が肥満と診断されている。

肥満している子どもは2型糖尿病、喘息、睡眠障害、心血管疾患といった問題に悩まされやすいことが数々の調査から判明している。また学校も欠席が多く、心理的病や社会的孤立を経験するリスクが高い。

WHOのジョア・ブレダ博士は「子どもはぽっちゃりしているもの」と放置していると、将来的に取り返しがつかなくなる危険性を警告している。肥満問題をかかえている子どもの80%は、大人になっても同じ悩みで苦しむことになるという。

WHOはほかにも「2030年までにアイルランドの男性の89%が肥満問題に直面する」という、衝撃的なレポートも発表している。子どもの肥満問題が改善されれば、成人の肥満率も食いとめることができるかも知れない。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで内分泌および肥満学を教えているニック・ファイナー教授 は、「調査結果はテレビと肥満の関連性を立証するものではない」と前置きしたうえで、「子どもの肥満を心配しているのであれば、テレビは子ども部屋に置かない方が賢明だ」と述べている。

十分なエクササイズと睡眠、栄養バランスの整った食生活など、健康な生活を送るうえで欠かせない習慣づけを行うと同時に、デジタル機器の制限も子育ての要となりそうだ。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)