食品大手カゴメが伊藤園のトマト飲料製法の特許無効を訴え、取り消しを求めていた訴訟の判決で、知的財産高裁(森義之裁判長)がカゴメの訴えを認め、特許を有効とした特許庁の審決を取り消す判決を下した。

争点は、トマト以外の果汁を加えずに「濃厚な味わい」やフルーツトマトのような甘みを出す技術である。伊藤園が2013年に特許を登録した。カゴメはその一部技術が自社のそれを使ったと主張して特許無効を特許庁に申し立てたが認められなかったため、提訴していた。

濃厚な味わいと甘みで取得した特許めぐる争い

裁判,特許,知財
(写真=PIXTA)

伊藤園のこの製法は2013年、特許庁に受理された。具体的には、トマトジュースを作る際に、糖度やアミノ酸含有量を一定の範囲内にすればトマトの酸味が抑えられ、フルーツトマトのような甘みや濃厚な味わいを生み出す技術だとされる。

これに対して、カゴメは「製法の定義があいまいだ」として、「主観的な感覚である『味』をいくつかの成分の割合だけで決めることはできない」と反論した。カゴメは、特許の無効を主張して特許庁に審判を請求したが、16年の審決で退けられ、同年3月提訴した。

カゴメ側は弁論で「『濃厚な味わい』などの具体的な定義が不明で、裏付けるデータも少ない」として、特許の要件を満たしていないと主張した。伊藤園側は「トマトジュース市場に新たな分野を開拓した、意義がある発明だ」と反論した。

今回の判決によると、森裁判長は特許で示された製法が「濃厚な味わい」などを裏付けているとはいえないと、特許そのものを無効と判断した。同裁判長は「(甘みや酸味だけでなく)苦みなどの要素の影響を踏まえた評価試験が必要」と指摘した。

伊藤園の「理想のトマト」がやり玉に

伊藤園が取得した特許で製造・販売した製品は、紙パック入りの「理想のトマト」である。伊藤園は商品の特徴として、「厳選された完熟トマトを使用し、理想の“おいしさ”と“栄養”を追求した、砂糖・食塩無添加のトマト100%飲料」とうたった。また「トマト由来の栄養成分であるリコピンを含有しているので、美容と健康におすすめ」と主張して、消費者の人気を勝ち取った。

カゴメは「製法の定義が曖昧だ」として、一貫して特許の無効を訴えてきた。カゴメは同様の製法を用いた「カゴメトマト100%」は14年に販売を終了しているが、トマトなど6種の野菜を混合した「つぶより野菜」は人気商品の1つである。

伊藤園は「真摯(しんし)に受け止めて対応」

伊藤園は「結果を真摯(しんし)に受け止め、今後、対応を判断する」と説明。カゴメは「業界全体のために曖昧な特許は認められるべきではない。妥当な判決だ」とコメントした。

知的財産高等裁判所は,2005年4月1日に,知的財産高等裁判所設置法に基づいて、知的財産保護を目的として設置された。(長瀬雄壱 フリージャーナリスト、元大手通信社記者)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)