ボーナスシーズンとなり、まとまったお金が手元に入ったところで投資をしたいと思っている人もいるかもしれない。しかし、心して取りかからないと投資にはたくさんの落とし穴が潜んでいる。投資に失敗する人には共通した特徴がある。どのような特徴があるのだろうか。

投資に失敗する人がやりがちな5つの共通点

ボーナス,投資
(写真=PIXTA)

(1)一極集中投資をする
銘柄や資産を分けずに、一つの対象に絞って集中的に投資してしまう。うまくいったときには大きな利益が出るが、失敗したときには損失も大きくなる。

(2)短期売買を繰り返す
人間は感情の生き物である。投資の世界は欲との戦いでもある。常に冷静沈着な行動をできる自信がある人は別だが、コンピューターのように感情を入れずに売買することはプロでも難しい。

(3)投資の基本について理解していない
投資にも原理原則がある。その原則に反すると損失を出すことも多くなる。最低限の知識を持たずして投資を行うことは、運転免許資格を持たずに一般道路で車を運転することと同じである。

(4)自分の頭で考えずに投資する
うわさや人気や他人の話などを信じ、自分で調べることをせずに投資を行うケースが散見される。しかし、安易にうわさ話などにのると失敗する確率が高くなる。

(5)生活資金を投資にまわす
投資には「資金の余裕」と「心の余裕」が必要である。生活資金を投資にまわしていると、自分の想像と異なる動きをした場合に、心の余裕もなくなり、冷静な判断もできなくなってしまう。何より、生活資金が減ってしまうことは痛手である。

また、もう一つ加えるならば、預貯金よりも少しだけ利息がつけばよいといいながら、年利回り1%や2%では満足いかないという欲張りな人は失敗しやすい。そういった人は、往々にしてリスクを理解しておらず、儲かりさえすればよいと目先の利益ばかりに目がいっていることが多いものだ。

投資の基本をマスターする 重要キーワードは「分散投資」

それでは、投資をデビューするために最低限おさえておきたい内容とはどのようなものであろうか。

投資の世界には、「卵をひとつのかごに盛るな」という有名な格言がある。卵をひとつのかごに盛っていると、そのかごを落としてしまった場合に卵が全部割れてしまう。ところが、いくつかのかごに分けて盛っておくと、万が一、ひとつのかごを落としてしまっても残りのかごの卵は割れずに済む。この考え方を投資にも応用させようということである。

投資銘柄を一つに集中すると、その銘柄が上昇したときは大儲けもできるが、下落したときは目も当てられない。ましてや投資した銘柄がゼロになってしまったときには自分の投資したお金もなくなってしまう。

為替に関しても一種類の通貨に集中して投資をしていると、円安が進めば利益をもたらしてくれるが、逆に円高が進めば損失を抱えてしまう。投資先の国についても同様だ。一つの国ばかりに投資をしていると、極端な話、その国がデフォルト(債務不履行)をおこしてしまうと、自分の資産はなくなってしまう可能性がある。

分散するときのポイントとしては、異なる動きをするものに投資をするということだ。例えば、株式と債券は基本的には逆の動きをする傾向があるため、株式と債券を半々ずつ投資するというようにだ。リスク分散を意識し、一つの銘柄等に集中しないことを心がけたい。

投資する時期も分散を

株価にしても為替にしても、今が安い時期なのか高い時期なのかは後になってみないとわからないものである。もっともらしい理由をつけて記事にしているものもあるが、そのほとんどは後付けである。今は絶対安い時期だと思っていても、もっと安くなってしまうこともよくあることだ。投資初心者は、投資時期についても分散することを意識し、何度かに分けて購入していきたいものである。

リスクとリターンは裏返しということを理解する

ややもすると上がった下がったと目先の値動きに一喜一憂しがちだが、長期的に見ると小さな上がり下がりに過ぎないことも多いものだ。大きく広い心を持ち、じっくり構えて投資に望みたい。

リスクとリターンは表裏一体の関係といえる。リスクが大きければリターンも大きく(ハイリスク・ハイリターン)、リスクが小さければリターンも小さい(ローリスク・ローリターン)。ノーリスク・ハイリターンのような旨い話はないと心しよう。

余裕資金で投資を行う

生活費をはじめ、使う予定のある資金での投資はやめたい。使いみちが決まっている資金やいざというときの資金を除いたお金、いわゆる余裕資金で投資を行うようにしたい。

以上のことを心がけながら、ボーナスでの投資デビューを楽しいものにし、賢くお金を増やしていきたいものである。

竹内道子 FPオフィス道~michi~ 代表
証券・保険・不動産販売および独立系FP会社で経験を積み、ファイナンシャルプランナーとして独立。資産運用・老後資金・住宅ローン・保険などライフプラン実現に向けた相談に年間300組以上受ける傍ら、企業従業員や一般消費者に向けてマネープランなどのセミナー講師を務める。机上の空論ではない実務経験に基づいた問題解決・夢の実現を強みとする。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)