ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
借りる
Written by ZUU online編集部 5,287記事

親の高額な借金は老後破綻へ

「高校3年間でかかるお金」公立と私立で2倍の差! 奨学金探しのポイント

1学期も半ばを過ぎ、中学生は期末試験真っ只中。3年生は部活が引退時期に差しかかり、いよいよ受験体制に入る頃となってきた。先日、筆者の末っ子が通う中学でも、3年生と保護者を対象にした進路説明会が開かれた。子どもたちは、そろそろ志望校を定めて自分の希望が叶うよう学業に励む(はずだ)。一方、親がしておかなくてはならないのがお金の算段である。

入学金も授業料も公立と私立では大きな差トータルで2倍

高校進学費用
(写真=PIXTA)

東京都の場合、公立高校は受験料が2200円、入学金が5650円、年間授業料が11万8800円(月額9900円)かかる(平成29年度)。私立高校の平均は、受験料が2万2417円、入学金が25万26円、年間授業料が44万8862円(月額約3万7405円)かかる(東京都生活文化局「平成29年度都内私立高等学校(全日制)の学費の状況」より)。

また、3年間の授業料以外の学校教育費(学校納付金、修学旅行・遠足・見学費、通学関係費など)が、公立で70万5291円、私立で144万4806円。3年間の学校外活動費(学習塾や習い事の費用など)が、公立で50.4万円、私立で76.9万円(文部科学省「平成26年度『子供の学習費調査』の結果について」より)かかる。

合計すると、公立で約157万円、私立で約383万円かかることになる。公立に行くか私立に行くかで準備しなければならないお金の額は、2倍以上違ってくる。

平成29年度から東京都在住の人が私立高校に通う場合、授業料の負担が減る

公立高校の授業料が無償化されたのは、民主党政権時代の2010年4月。公立高校の授業料、年間11万8800円が無償化され、私立高校に通う生徒にも同額が補助されることになった。2014年4月からは収入制限が設けられ、モデル世帯(給与所得のみの夫婦・子ども2人の4人世帯の場合)で年収約910万円未満の世帯は、引き続き年額11万8800円の就学支援金が受けられることになった。

2017年1月に東京都の小池百合子知事が私立高校の授業料無償化策を提案し、この予算案が可決された。これによって東京都では、2017年度から国の就学支援金にプラスして年額44万2000円(都内私立高校の平均授業料相当。ただし、在学校の授業料が上限)までの授業料軽減助成金が出ることになった。

この授業料軽減助成金が受けられるのは、保護者と生徒が東京都内に居住していて、私立高校に通う生徒で、モデル世帯で年収約760万円未満の世帯(共働きかどうか、世帯の人数などによって収入基準は変わる)。

助成金を受けるには、期間内に申請することが必要だ。2017年度の手続き期間は、2017年6月23日~2017年7月31日。申請書のほか、住民票や所得、扶養状況等を証明する書類を添付して申請した後、東京都私学財団で審査や学校での在籍確認などを行い、認められると、2017年12月下旬に授業料軽減助成金が振り込まれる予定だ。

この制度については、入学先の私立高校から申請手続きについて通知が来ているだろう。申請期間がすでに始まっているため、該当する場合はぜひ早めに手続きを行いたい。私立の授業料相当額まで助成が受けられて、返還不要なので、見逃さず行動を。

都道府県、市町村、個別団体、進学先の高校が実施している各種奨学金

授業料以外の学校教育費や学校外活動費もかかるので、受けられる奨学金がないかどうか調べてみよう。返還の必要がない給付型を優先し、返還の必要がある貸与型の場合は無利子のものから検討するのがおすすめ。

まず、都道府県で実施しているものから。東京都の場合は、育英資金という無利子で貸与型の奨学金がある。世帯の収入基準や連帯保証人を2人付けるなどの条件を満たし、在学する学校が推薦する人が借りられる。私立で月額3万5000円(3年間で126万円)、公立で月額1万8000円(3年間で64万8000円)借りることができ、貸付終了後、おおむね11~13年間で返済する。

市町村で奨学金制度を整備しているところも多い。たとえば東京都府中市では、給付奨学資金と貸付奨学資金がある。給付型は全日制高校で月額1万500円(3年間で37万8000円)、入学準備金として8000円が給付される。貸与型は公立で月額1万1000円(3年間で39万6000円)、私立で月額1万7000円(3年間で61万2000円)が貸与される。それぞれに収入基準があり、学力、人物、健康などの面で推薦基準を満たし、在学中の学校から推薦を受ける必要がある。貸与の場合は連帯保証人1人が必要。

ほかにも、病気・災害・自死などで保護者が死亡、または障害を負っている家庭の子どもへの支援をする「あしなが高校奨学金」や、交通事故で保護者を亡くした子どもを支援する交通遺児育英会など、個別の団体や企業がバックアップする奨学金もある。また、私立高校の場合、学校で独自の特待生制度や奨学金制度を設けているところも。申込み時期などが限定されているので、受給条件や手続きの仕方を調べてみよう。

ここで、奨学金を探す際のポイントを整理しておこう。奨学金は収入基準があるものがほとんどだが、給与収入なのか自営業の場合の所得なのかでも違うし、世帯人数、持ち家か賃貸かなどによっても違ってくる。奨学金によって細かく違うので、収入がわかる書類を手元において、事務局などに問い合わせたほうが早そうだ。

奨学金には給付型と貸与型がある。日本の奨学金の多くは、返済義務のある貸与型。学力の基準があるかどうかをチェック。連帯保証人が必要かどうか。他の奨学金と併用できるかどうか。何より、早めに探し始めて申込時期を逃さないことが大事。

私立高校の入学金は25万~30万円。この部分への貸付制度も!

公立高校へ進む場合、入学金は6000円程度で済むが、私立高校の場合は25万~30万円程度かかるし、ほかにも施設費などがかかる。東京都の「入学支度金貸付制度」や、市町村の「入学時初年度納付資金貸付」など、入学費用を一時的に貸し付ける制度もあるので、あらかじめ調べて申し込んでおくと安心だ。無利子で借りられるものもあるので、申し込んでおいて使わなければそのまま返済に充ててもいい。

合格発表から入学手続きまであまり時間に猶予がないので、お金のことは早めに考えておきたい。

収入制限で奨学金が受けられない場合の選択肢は、教育ローン

奨学金の給付を受ける、もしくは借りる場合には、親の収入制限がある場合がほとんどだ。年収がそこそこあって、進学費用が不足しそうな場合は、奨学金が使えない。そんなときは教育ローンを検討しよう。奨学金に比べたら利息が高くなってしまうが、比較的利息が低めのところを選んで、必要な分だけ利用を。

奨学金は子どもが借りる形になるが、教育ローンは親が借りる借金。どちらもあまり高額になってしまうと、子どもの場合は高校卒業後、大学や専門学校へ進む際に足かせとなるし、親の借金はそのまま老後破綻へとつながってしまいかねないので、注意が必要だ。

フリーライター生島典子(いくしま・のりこ)
投資信託の運用会社、出版社勤務を経て独立し、2004年よりライター・編集者として活動。主な執筆テーマは、マネー、子育て、住まい、働き方など。好きなことは、出産と住宅ローン。3人の子どもを助産院で出産した経験あり。子どもを持つ保護者として、学童クラブの父母会活動、PTA活動に参加。「居場所づくり」がこれからのテーマ。

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
住宅購入の前に読みたい記事5選|年収5倍までの住宅購入は正しいのか?
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)

「高校3年間でかかるお金」公立と私立で2倍の差! 奨学金探しのポイント
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 法人カードの審査で見られる基準とは? 法人カードの審査での...
NEXT クラウドファンディング インターネットが結ぶ新しい資金調...