高齢者の生活を手助けする向けコンパニオン・ロボットを開発するイスラエルのインスティチューション・ロボティクスが、トヨタ・リサーチ・インスティテュートなどから1400万ドル(約15億7500万円)の資金調達 に成功した。CNNが報じている。

同社が開発しているElliQはテーブルなどに置ける小型のコミュニケーション・ツールで、メッセージの送受信から病院などの予約日時のお知らせ、散歩の提案、果てはカードゲームの相手までしてくれる。

家族が世話してくれる「ちょっとしたこと」をこなすElliQ

ロボット,高齢者,介護
(画像=Institution Roboticsサイトより)

Pew研究所の調査によると、米国の総人口4600万人の15%を65歳以上の高齢者が占めており、2050年までに22%に達すると予測されている。

ロボットが少子高齢化の解決の糸口になる可能性については以前から議論されていたものの、これまでは介護ロボなどケアする側の負担軽減に重点を置いた発想が中心だった。しかし高齢化=ケアが必要という視点では高齢化問題は解決されるどころか、ますます深刻化するして行くだろう。

発想を転換し、活動的な老後を支援するというコンセプトのもと、ElliQ のようなロボットの開発が始まった。

家族が世話してくれる「ちょっとしたこと」を、ElliQがテキパキとこなしてくれるのだ。世話する側の負担を軽減するだけではなく、高齢者に活動的な生活を促す意図がある。
あえて人型ロボットではなくタブレット状のデザインを選んだ理由を、Nabsのドー・スクラ—CEOは「ロボットが人間を追い回すというイメージがしっくりこなかった」と説明。冷蔵庫や洗濯機が人間の姿をしていない点を挙げ、「人型である必要はない」との結論に至ったそうだ。

人型コンパニオン・ロボットやロボット・ペットも登場

インスティチューション・ロボティクスとは180度異なる発想で、フランスのブルー・フロッグ・ロボティクスは人型コンパニオン・ロボット「Buddy」を開発。いつもにこにこ微笑みを浮かべている顔が、実はスクリーンになっている。

子どもから高齢者まで幅広い年代層が親しみを感じられるような、スターウォーズやWall-EといったSF映画の人気キャラクターをイメージしたそうだ。「Buddy」は年内に発売予定で、現在予約を受けつけている( https://adoptbuddy.com )。

またトランスフォーマーシリーズなどで知られる米国の大手玩具メーカー、ハズブロは、高齢者をターゲット層にしたロボットペットを 販売している。もともと子ども向けに販売していたおもちゃのペットが、高齢者の間で人気に火がついたことから、よりリアルなねこ型ロボットなどを開発したという。こちらは機能面よりも“癒し”が売りになっている。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)