ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集

がん保険、先進医療特約……

生命保険選びは「商品名による先入観」に惑わされてはいけない

有名人が病気にかかったニュースをきっかけに保険を検討する人は多いだろう。誰かが闘病していることを知り、自分と同世代であれば不安にもなるものだ。

そのような中、特定の疾病にクローズアップして作られた保険商品がある。契約を検討する側にとっては分かりやすく保険会社はニーズを拾いやすい。さまざまな保険会社が保険を細分化して商品を販売している。

契約を検討している人や既に保険に加入している人には、商品名や特約名に惑わされずに中身をしっかり知ることが求められている。

がん保険のパイオニア、アフラック社の例

生命保険,保険選び
(写真=PIXTA)

1974年に国内で営業を開始し、がん保険を販売してきたアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)。

同社での販売はがん保険「生きるためのがん保険Days」にとどまらず、略称「EVER」を主契約とする医療保障を販売している。略称「EVER」は、疾病・災害入院給付金・手術給付金・放射線治療給付金であり、それを主契約とする「ちゃんと答える医療保険EVER」がある。

アフラックに限らず、がん保険と医療保険で似た特約がある。たとえば先進医療特約だ。日本生命、第一生命、住友生命、明治安田生命など国内大手4社でも、通販型や共済などでも広く扱われている特約である。契約者のニーズに合わせて、がん保険と医療保険は混在している。

「重粒子線治療」「陽子線治療」など「がん」に関するものばかりに注目されてしまいがちだが、先進医療には外来で受けられ、実施している医療機関が多い「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」など身近になったといえる手術もある。白内障に適応した手術であり、平成27年6月時点で401に及ぶ医療機関が実施しているのだ。

白内障だけを見ても高齢者での罹患率は高いが、白内障に限らず、既に病気にかかっていると診断されている人は保険会社への告知が必要だ。既往症によっては保険には条件がついてしまったり、特約の付加ができなかったりといったケースも出てくる。

がん保険に見る注意点、先進医療特約で考える

Webサイトで試算ができるアフラックで35歳男性の試算をしてみる。

がん保険である「生きるためのがん保険Days」に先進医療特約を付加した場合、その特約保険料は79円だ。病気・ケガに対応し総合入院保障といわれる「ちゃんと応える医療保険EVER」に、先進医療特約を付加した場合の特約保険料は104円。がん保険のほうが保険料が安価なのは、当然だが特約が支払われる要件の疾病を「がん」と限定しているためだ。

35歳男性の加入時点での保険料差が月に25円であること、その適用範囲がより広まることをふまえると、がん保険の特約として検討するよりも医療保険に特約として付加した方が得策であると考える契約者も多いのではないだろうか。

有名人の罹患をきっかけに保険を検討した際には、先進医療特約もクローズアップされる。それ以外にもがん保険を検討する価値があるのか、しっかり吟味しなければならない。

先進医療特約以外にも注意したいこと

そのほかにも、特定疾病診断給付金、入院一時金、特定疾病払込免除特約など気を付けたい特約はある。先進医療特約と同様にがん保険ではがんに限定されてしまう代わりに保険料が抑えられている。

しかし病気へのリスクが高まっていく30代以降、それらの保障の必要性は高まっているのだ。それらの特約の保険料が高くなるのは、それだけ支払われる可能性が高くなることを示唆している。

医療保障・死亡保障などの保険料以外にも家、車、老後への備えなど出費は増えていく。少しでも保険料を抑えたいと思うことは当然である。

だが既に加入している保険を考慮しない、または総合的な保険を検討せずに、細分化された保険が安いと飛びついていては本末転倒だ。新たな保険会社との契約は、ひとつの病気・ケガをした際に複数の手続きが必要となるデメリットもある。

もしも商品名や保障内容に魅力を感じる保険があったときには、まずは自分が加入している生命保険を知ろう。その保険商品内で新しい特約として付加することも視野にいれてみるべきだ。それでは保険料が膨れ上がる、または担当者を変えたいなど理由があれば、新たな保険を検討してみよう。

まったく保険に加入していない場合にも、まずは死亡保障と医療保障を組み合わせた総合的な保険と、細分化された保険を見比べてみることをおすすめしたい。(小城まどか、保険ライター)

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
住宅購入の前に読みたい記事5選|年収5倍までの住宅購入は正しいのか?
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)

生命保険選びは「商品名による先入観」に惑わされてはいけない
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 個人年金保険とは?メリット、デメリットを徹底解説
NEXT 「児童手当」「高校授業料無償化」など 所得制限で対象外に...