2018年にテスト運行が予定されている「自動操縦飛行機」への消費者の見解を探った調査で、8000人中54%が「乗らないと思う」と答えた。「乗ってみたい」のはわずか17%。

調査はUBS が米国・英国を含む5カ国の成人を対象に実施したものだが、パイロット不在の自動飛行機に興味を示しているのは、高学歴・高所得者の若い層が多いという点が興味深い。

「自動運転車」に関する同様の調査では、拒絶反応を見せた消費者は7500人中39%と若干低くなる。しかし興味を示している消費者の割合も30%と低い。

飛行機の自動化を最も歓迎しているのは米国人?3割がポジティブ

自動飛行機,自動運転車,ロボット
(写真=Thinkstock/GettyImages)

急速に自動運転車の開発が進む中、飛行機の自動化も着実に成果を上げている。BBCの報道 によると、世界最大の航空宇宙機器開発製造会社ボーイングは18年に自動飛行機のテスト運行を予定しているという。

その一方で、開発側と消費者の温度差も指摘されている。自動化の利便性が評価されている反面、「機械をどこまで信頼できるか」という点で、消費者の心の準備が整っていないといったところだろうか。

米国・英国・ドイツ・フランス・オーストラリアの18歳以上の成人で、自動飛行機に「乗ってみたい」と答えたのはたったの17%。ただし国によって温度差は異なり、ドイツやフランスでは13%しか歓迎していないのに対し、米国では27%がポジティブに受けとめている。

高所得層の3割が「乗ってみたい」 日本人は自動運転車にも関心が薄い

所得別に回答を見てみると、所得が高くなればなるほど「乗ってみたい」割合が増える 。自動飛行機に興味がある年収5万ドル以下の所得層は14%だが、8万ドル以上の所得層は25%とほぼ2倍だ。

学歴でも同じ傾向が見られる。博士号など高学歴の回答者ほど、自動飛行機を高く評価している。

また自営者の31%が「乗ってみたい」と答えたが、全時間就労者は21%、パート勤務者は11%、年金受給者は10%以下に留まる。

年齢層でも差は開き、最若年層(18歳から24歳)の40%以上はポジティブな見解を示しているが、最高齢層(65歳以上)では10%を下回る。

発売が目前に迫った自動運転車ですら、「乗ってみたい」消費者と「乗りたくない」消費者の割合の差は9%しかない。この調査の対象となった5カ国は、米国・英国・日本・中国・フランス。

ここでは日本の消費者の関心が最も低く「乗ってみたい」のは22%。次いで中国が29%。対照的に米国では43%が受け入れている。

総体的に乗り物の自動化に懐疑的な意見が多い。英国民間輸送機パイロット協会の飛行安全専門家スティーブ・ランデル氏は、「コックピットにおける自動化は真新しいものではない」点を強調すると同時に、現時点ではパイロットが常時同行し、自動操縦などを監視していることも付け加えている(BBCより)。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)