大多数の都市において8月の労働市場は、外気温と同じように熱い。卒業(6月)して2カ月、多くの求職者の手元にはすでに採用通知が届いている。一方、合同就職説明会では、依然として卒業生たちが各社のブースを訪問し続けている。そして今でも履歴書を送り、面接を受けている。これらの一群を“待機族”と呼ぶ。彼らは就職を急がず、卒業後の数カ月~1年の間、遊学、アルバイト、実習、将来の計画策定に充てようとしている。最新の就職事情を経済ニュースサイト「界面」が伝えた。

95后の台頭

中国経済,就職,ジェネレーションギャップ,界面
(写真=Bo1982/Shutterstock.com)

こうした現象を“慢就職”(スローな就職)と称している。これは就職の主力が90后(1990年代生まれ)から95后(95年以降の生まれ)に移行する中で形成された概念である。これは新しい“冷めた思考”である。自身の希望との偏差、専門領域と職種との不均衡、ネット情報の虚偽、などが多重に影響している。95后という言葉は初出かもしれない。80后(1980年代生まれ)に始まる世代の表現法が、10年刻みでは用を為さなくなった。それほど時代の変化は激しい。

北京の中央財経大学を2017年に卒業した黄さんは、焦らず3カ月かけて理想の仕事を探し当てた。彼女によると“求職黄金期”の競争は激烈だ。人気の会社には蜂の巣のように人が群がる。就活大学生にとって、仕事を得るだけなら難しくない。しかし希望の職を得るのは極めて困難だ。それは黄さんのような“重点大学”の卒業生でも変わらない。彼女は北京での生活と就活のプレッシャーに耐えられず、故郷四川省・成都での就職を選んだ。ここ数年の発展は目覚ましく、若者を引き付ける力も十分備えていた。

就職も起業もW増加の一方で

教育部(文部科学省に相当)によると、2017年の全国大学卒業生数は前年比で30万人増え、795万人だった。そして3年連続で、就業者数と起業者数がともに増える“W増加”を達成している。

また「2017年中国大学生就業報告」のデータでは、2013年に卒業して半年以内に起業した大学生のうち、46.2%は3年後の今日でも事業を継続していた。また3年制の高専卒業者の起業でも46.8%とほぼ同じ数字である。3年以内に過半数が退出し、リスクは高いとはいえ、選択肢の一つとなっている。

さらに別の考え方も表れている。学業も職業もすぐには求めない“慢就職”でよしとする“待機族”である。

多様化する若者の価値観

スローな就職でよいという考え方は、若者の中で趨勢になりつつある。社会の発展、所得水準の向上、一部家庭の父母が就職圧力をかけなくなった等の理由により“卒業即就職”の観念は変わっている。

西安文理大学の魏教授は、90后大学生の父親である。教授は「スロー就職は、スネかじりや退廃ではない。若者たちはもっと理性的に職業を選びたい。金を稼ぐことだけを人生の最終目標としたくないのだ。」

北京大学法学院の王教授は「スロー就職の可能なのは比較的裕福な学生で、彼らは家計の分担をする必要はない。社会活動に参加し、可能性を試すことを希望している。しかし未就業期間が長くなると逆効果となるだろう。」

河南科技学院の張教授は「スロー就職の趨勢は拡大している。就職を決定付ける要因は、報酬、発展の機会、個の追求、将来計画などで、いずれも慎重な判断を要するものばかりだ。仕事を急がない行為は、社会の進歩と包容度の高さを表している。」

識者は以上のように分析している。かつてスマホメーカー小米(シャオミ)の創業者、雷軍は「中国では全国民が“銭”の方ばかり向いている。」と発言した。しかし95后など若い世代を中心に風向きは変わって来ている。これまでにない多様性に富む社会の実現に向け、動き出したのだろうか。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)