最近ではスマホの普及により、テレビ離れが進んでいるという話はよく聞かれる話だ。

特に若者の間ではテレビ離れの傾向は強く「ニュースはツイッターで、映画やドラマは有料動画サイトで」といったように、自分で能動的にコンテンツを享受する姿勢が強い。そのため、テレビ局各社もなんとか視聴率を取ることに躍起になっているようだが、なかなか思惑通りの数字は取れずに苦戦しているようだ。

そんな中、テレビ東京ホールディングス(以下テレ東HD) <9413> の業績・株価が好調なようだ。同社は民放5位の放送局で、放送コンテンツは経済や旅番組、アニメが中心など他の民放とは多少異なる路線をとっていることでも有名だ。

ここでは、他民放とは趣きの異なるコンテンツを放送し独自路線を貫くテレ東HDの強さの秘密を探っていく。

最新業績では通期純利益を9.5%上振れへ

株式展望
(写真=PIXTA)

同社は30年3月期の第1四半期決算を8月3日に発表している。想定通り、第1四半期に関しては前年度比で増収減益予想となっている。

29年3月期 売上高 347億9900万円 純利益 19億7500万円
30年3月期 売上高 356億5900万円 純利益 14億2500万円

ただし、減益ではあるものの想定よりは好調だったようで、同時に通期の売上と利益を上方修正させている。下記が通期予想の修正前と修正後の数値である。

売上高 1462億円 純利益 34億7000万円(修正前)
売上高 1467億円 純利益 38億円(修正後)

売上高の伸びは微々たるものだが、純利益が9.5%上振れとなっている。もともと、今期の通期予想は前期に対して純利益が伸び悩む予想であったことから株価はここしばらく足踏みを続けていた。

しかし、減益幅が予想の段階で縮小したことから、その後株価も大幅な上昇を見せているようだ。

第1四半期は放送事業より放送周辺事業が好調

テレ東HDの事業は下記4つに分類されている

・地上波放送事業
・放送周辺事業
・BS放送事業
・インターネットモバイル事業

上記の中で第1四半期に増益だったのは放送周辺事業とインターネットモバイル事業だ。

放送周辺事業においては健康器具などのテレビ通販売上が好調だった模様。また新世紀エヴァンゲリオンなどのアニメ楽曲2次使用にともなう印税収入も業績に貢献したようだ。インターネットモバイル事業は、カナヘイの小動物などのキャラクター関連事業が好調を維持。

逆に減益だったのが、地上波放送事業とBS放送事業。ただし地上波放送事業では減益だったものの、海外でのNARUTOの配信やゲーム事業が好調で減益幅の縮小に貢献した模様だ。またBS放送事業は大幅減益ながら、減益理由が本社移転にともなう費用や新番組充実のための費用など設備投資によるものだと発表されている。

売上高の規模の違いから利益の振れ幅はどうしても地上波放送事業の動向に左右されてしまうが、脇役のインターネットモバイル事業が利益を支えているのは興味深い。

業績を牽引 やっぱり強いアニメ部門

通期予想の修正の理由としてはアニメ事業が予想を上回る見込みとなったこと、その他費用面の抑制を果たしたことが挙げられるようだ。同社の強みの一つはアニメ部門だ。現在放送されている人気アニメだけでも下記が挙げられる。

「けものフレンズ」「おそ松さん」「アイカツスターズ!」「ポケットモンスターサン&ムーン」「妖怪ウォッチ」「魔法陣グルグル」など

これらは主に子供向けのコンテンツがほとんどだが、深夜枠では大人向けに懐かしいアニメの続編を提供するなど視聴者の心をうまく掴んでいるように思われる。

上記アニメ群の中ではポケットモンスターが、2016年のポケモンGOブームに乗って最注目されたことが記憶に新しい。そのため、ポケモン関連銘柄が盛り上がった際には、テレビ東京HDが注目株として目をつけられるなどアニメという側面からテーマ性も帯びているようだ。

最近では、コミックマーケット(通称コミケ)にて一見するとアニメとは無関係そうな芸能人が物販にて成功を収めたなど、芸能人のアニメへの新規参入とも取れる出来事が話題となった。今後もアニメの多方面への進出はとどまることはなさそうだ。

同社のアニメ事業における強みは、テレビ視聴率低迷期の昨今においては業績の好調さを維持する一つの手段とも言えるようだ。

ツイッター上で地味に話題の「テレ東伝説」

テレ東HDが業績好調の理由の一つとして、筆者はファン作りが上手いことが挙げられる。例えば、インターネット上にて話題となる「テレ東伝説」という逸話が存在する。

これは他の民放が緊急特番を組むタイミングで、テレ東のみアニメや映画などを通常通り放送してしまうことが度々あることから、「あまりにも空気を読まない」「独自路線を貫いていてかっこいい」などとツイッターで話題になり生まれた伝説だ。

ある意味でインターネット上で好まれそうな話題作り(?)をうまく行っているという点でも、テレ東HDは視聴率を超えたところにあるファン作りがうまいと言えそうだ。今後も独自路線を貫くテレ東HDの今度の動きに期待したいものだ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「インカムライフ.com」。著書に「超優待投資・草食編」がある

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)