住宅用の土地を選ぶ際には、道路が南側にあるか、または北側にあるかなど敷地がどこの方角を向いているか重要視される場合が多いだろう。土地の売買においても、道路が敷地のどの方角に面しているかで価格にも幅があるのが実情である。分譲地などでは、1区画ごとに売買価格が提示されているため価格の幅も比較しやすい。中でも資産価値があると見込まれているのが東南角地であるが、他と比べどの程度高いのか、また、北面道路の土地のように価格としては安くなり、利用価値のある土地の条件とはどのようなものがあるだろうか。

資産価値として高評価の東南角地はどの程度高いか

角地,土地,価格
(写真=Thinkstock/Getty Images)

住宅地での一番人気は「東南角地」である。分譲地を東西南北で一斉に売り出した場合、東南の角地は先に予約されるケースが多いだろう。東南角地の人気の理由は、南と東の2面の道路に面しており、駐車スペースやガーデンなどのエクステリアの配置が自由にでき、玄関とガレージを別々の道路から利用できることや、東と南に隣家がないため、東側からの朝日もたっぷりと取り入れられ、また、南側からも1日中太陽の光が入るという点だろう。住宅設計の観点からも、南面道路の敷地なら、企画プランのような固定的な配置も計画しやすい傾向にあると言える。ちなみに、家相では、東南玄関は大吉や吉とされている。

上述のような好条件であることなどから、資産価値のある土地として評価されることが多く、売買価格としては10~20%程度高い相場となっているケースが多いと言われている。

北面道路でも条件次第では利用価値が高い