日本人が長期滞在したい国、第一位は11年連続で「マレーシア」。2017年4月、ロングステイ財団が「ロングステイ希望国・地域2016」で発表した。温暖な気候や、親日家が多いことなど人気の理由はいくつかあるが、最長10年間滞在できる長期滞在ビザが比較的簡単に取得できることも大きい。

経済成長著しいマレーシアではスマートフォンの普及率が8割に達している。日本でおなじみのフェイスブックやグーグルなどのアプリはマレーシアでも人気だが、本稿では、日本ではあまり見られない、マレーシアで人気のアプリを紹介する。

「Grab」(グラブ) Uberに似た配車アプリ

マレーシア経済,アプリ,アジア経済
(画像=Webサイトより)

グラブはUber(ウーバー)に代表される配車アプリの一種だ。マレーシアでは公共交通機関が発達していない場所も多いため広く利用されている。

使い方はまずアプリで目的地を入力すると、そこまでのおおよその料金も表示される。予約ボタンを押すとアプリが最も近くにいるドライバーを探してくれる。タクシーが来るのを待って乗車し、目的地についたら運賃に加えて、2リンギット(日本円で約50円)の予約料を支払う。支払方法は現金か事前に登録したクレジットカードか選択できる。

乗る前に料金が大体わかるので不当に高い料金を請求される可能性が少なく、ドライバーの評価制度があるため、評判の悪いドライバーは淘汰されていく。

Uberとの主な違いは、Uberが一般の人が運転する車を呼ぶのに対して、グラブは提携のタクシーか、一般の人が運転する車を選ぶことができる点だ。

同アプリはソフトバンクからも出資を受けるなど、今後も成長が期待されている。

「Verify Halal」 ハラール対応が確認できる

マレーシアの国教はイスラム教だ。イスラム教徒は宗教上の教えで豚肉を食べることを禁止されており、その他の食品についても加工や調理の仕方に決まりがある。それらの決まりを守っている食品がハラールとされている。

同アプリはマレーシア政府ハラール認証機関(JAKIM)の認証を受けており、ハラール対応をした食品、飲料、医薬品、ボディーケア製品のデータベースが含まれている。

ブランド名や製品名での検索のほか、製品のバーコードをスキャンすることでもハラール対応かどうか確認できる。

「Najib Razak」 首相が立ち上げたアプリ

最後は一風変わったアプリを紹介する。アプリの名は「Najib Razak」(ナジブ ラザク)。実は、マレーシア首相のナジブ・ラザク氏が2016年10月に立ち上げたアプリだ。

同氏は市民とより効率的につながるためにこのアプリを発行したという。機能としては首相の最新のアナウンスメントや、SNSのアップデートの確認、首相のヒストリーなどを見られるというものだ。

ただインストールの際に、スマホに保存されている写真やメディアへのアクセス権を求められるため、個人情報が利用されることに不安を抱くユーザーもいるようだ。

日本の政治家もツイッターやブログを活用する人が増えているが、将来自分のアプリを作る人が出て来るかもしれない。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)

【訂正】ナジブ・ラザク氏の肩書きに誤りがありましたので修正いたしました。