日本ではあらゆる業界が景気の悪さを嘆き、メディアが「若者の○○離れ」と報じている。顕著なもののひとつがテレビであるが、実はアメリカでもテレビ離れが起こっており、どこも対岸の火事ではないようだ。だが反対に、伸びているメディアもあるのだ。

米国エネルギー情報局によるリサーチ

アメリカ,TV,契約数
(写真=Thinkstock/Getty Images)

アメリカはケーブルテレビ大国としても知られ、視聴者が各々好きなチャンネルを契約している。最近ではこの契約者数が減少しているそうだが、家庭からテレビそのものが減っているのが大きく関係しているようだ。

図1
棒グラフはテレビの保持数。赤が所持なし、水色が1台〜2台、濃青が3台以上(出典:米国エネルギー情報管理、住宅エネルギー消費量調査)

過去1997年、2001年、2005年、2009年、2015年に渡り、米国エネルギー情報局が4~5年毎に行っている「米国家庭でのテレビ所持平均減少数」調査によると、およそ1億1800万世帯を対象に、1家庭につきテレビを3台以上所持していた家庭は30%(1997年)から44%(2009年)へと増加傾向だったものの、最後には39%(2015年)に落ちていることが判る。1~2台所持していた数は69%(1997年)から54%(2009年)まで減少しているが、3台以上を所持する家庭がガクンと下がったためか58%(2015年)に増加。つまり3台所持家庭が1台でも廃棄した結果、1~2台所持家庭にスライドしたことになる。最後に所持なしは1.3%辺りをほぼ横這いだったのが、最後の年(2015年)には2.6%に倍増している。

番組視聴デバイスの変化