使わなくなった古い携帯が家に眠っているという人は多いだろう。8月22日、ゲオホールディングス <2681> は現在使われていない自宅に保管してある携帯電話である埋蔵携帯の価値の試算結果を公表した。試算によると、埋蔵携帯の価値は総額で1兆7013億円にも上る。大きな価値を秘める埋蔵携帯であるが、流通が進めば大きな市場を作り出す可能性を秘めている。

2015年から500億円増加 埋蔵携帯の買い取りに力を入れる企業も多い

携帯電話,中古,買取
(写真=PIXTA)

埋蔵携帯の価値の試算は、関西大学の宮本勝浩名誉教授の協力のもと、ゲオホールディングス子会社であるゲオが行った。1人当たりの平均携帯保有台数から平均契約携帯台数を差し引き、日本における実際に携帯電話を保有しているに人数を掛けたものを「埋蔵携帯台数」と定義しており、それに中古携帯の平均買取価格を掛けたものを、埋蔵携帯の価値総額として試算を行った。

2017年の埋蔵携帯の価値総額は1兆7013億円となっている。2015年に行われた同様の調査では、価値総額は1兆6489億円であり、2年間で約500億円も増加した事となる。ゲオを始め、中古携帯の買い取りを行う会社は多くあるが、使わなくなった携帯を売るという習慣はまだ根付いていないようだ。

埋蔵携帯は大きな価値を持っており、流通が進めば大きな市場が生まれる可能性がある。近年は中古携帯の買い取りを行う事業者も増えており、注目が集まっている。今年3月には、ゲオやブックオフコーポレーション <3313> 、カルチュア・コンビニエンス・クラブ傘下のTSUTAYA等、8社が集まり、中古端末の流通促進に取り組む業界団体「リユース・モバイル・ジャパン(RMJ)」を立ち上げた。加盟企業の扱う中古スマホは国内流通量の6~7割を占める。携帯キャリア大手3社が新端末販売促進の為に、契約者から高額で買い取っている現状を問題視しており、端末買取価格の透明化を訴えている。

買い取られた中古携帯の使い道は?

買い取られた中古携帯はいったいどのように利用されるのだろうか。主には3つの利用方法がある。

1つ目はデータ消去や補修を行った後、国内市場で中古販売されるケースである。ゲオによると、2014年から2017年にかけて、中古携帯の売上数量は前年比135%で毎年推移しているといい、国内中古携帯市場は順調に成長している。しかし、調査会社のMM総研によると、2016年度の中古スマホ市場は約226万台となっており、国内スマホ販売の1割以下の水準である。諸外国と比べると、市場規模はまだ小さいと言える。

2つ目は海外市場で中古販売されるケースである。海外では中古携帯の利用が進んでいる国も多く、国内よりも市場規模は大きい。国内中古市場で流通させるよりも高値で売却できるケースもあるようだ。

3つ目は分解して、部品として再利用するケースである。壊れた携帯の買い取りを行う買取業者も多いが、そうした場合は、使える部品のみを再利用する事もあるようだ。

このように買い取られた中古携帯は様々なルートで活用されており、業者は中古携帯の買取強化を進めている。ゲオは、国内6ヶ所に中古携帯のデータ消去や整備を行う拠点を持っている。また、2017年4月には1億円を投資して、名古屋に中古スマホの買い取りから販売までを行う施設を稼動させる等、中古携帯市場への投資は続く。

今後の課題は国内の中古携帯市場の成長である。国内中古携帯市場が大きくなれば、買取業者は携帯買い取りに更に力を入れる必要が出る。そうなれば、宝の山とも言える1兆7013億円の埋蔵携帯の流通が進む可能性も高い。大きな価値を持つ埋蔵携帯の活用に注目が集まる。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)