約1620億ドルの資産を運用する世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツを率いる「ヘッジファンドの帝王」ことレイ・ダリオ氏(68)の相場見通しが弱気に傾き、市場関係者の注目を浴びている。

2008年の米金融危機や、その後の欧州の債務問題など市場の危機を予見したことで投資家から信頼されるダリオ氏は、同年にヘッジファンド全体の投資収益が前年比20%減と過去最悪の成績に落ち込むなか、12%の収益増を叩き出した伝説の人物だ。

そんな一目も二目も置かれるダリオ氏が「(リスクオフ時の安全資産である)金や日本円を買え」と勧めるほどだから、投資家たちは無視できない。

彼の変心の理由は何なのか。また、市場関係者はダリオ氏の見方に同意しているのか。ダリオ氏が率いるブリッジウォーター・アソシエーツにおいて水面下で進行しつつある変化も併せて考えながら、弱気の意味を読み解く。

トランプ相場からトランプリスクへ

レイ・ダリオ,見通し
(写真= aradaphotography/Shutterstock.com)

今年1月にトランプ政権が発足した当初、ダリオ氏は楽観的な「トランプ相場観」を公言していた。トランプ氏が打ち出すビジネス寄りの政策が米経済の成長を促すと考えたからである。

昨年11月の米大統領選挙でトランプ氏が勝利した直後、ダリオ氏は顧客向け分析にこう書いた。

「次期大統領は、レーガン元大統領による右寄り路線への大シフトのような(経済成長を促進する財界寄りの)非常に大規模なイデオロギー的変化を引き起こすと考える。人々が懸念するトランプ氏の『クレイジーさ』による波乱の要因は思ったよりも抑制されよう」。

つまり、トランプ氏が共和党主流派のイデオロギーに「巻かれて」ゆき、規制撤廃や減税などの常識的な保守派経済政策で、経済成長が飛躍的に加速すると読んだわけだ。

トランプ氏が大統領に就任して半年以上経つ今、7~9月期の成長率は3%台に乗せるといわれるほど、米経済は堅調だ。失業率も歴史的な低水準にある。だが、ダリオ氏はトランプ大統領自身が市場のリスクになったとして、8月10日付のブログでこう書いた。

「市場がうまく織り込んでいないリスクが増大している。経済的というより、政治的なものだ。具体的には①北朝鮮の核ミサイルをめぐるトランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長のチキンレースと、②米議会が9月末に債務上限引き上げに失敗し、米政府が債務不履行に陥り、一部の連邦政府機関が閉鎖され、政治への信頼が失墜することだ」。

高まる政治的リスクへの対処法としてダリオ氏は、「流動性を確保し、リスクを分散せよ。もし北朝鮮情勢と米債務上限問題が実際に悪化したなら、金を買え。ポートフォリオの5~10%を金に換えておけばよいだろう。その他、米ドル・日本円・米国債などの安全資産も保有を増やせ」と助言をした。

ダリオ氏の弱気に市場が反応?

さらに8月21日付のブログでダリオ氏は、こう持論を繰り返した。

「現在、重大な経済的リスクの高まりは見られないが、米国内における党派的な対立が政府の効率性を麻痺させ、法案が通らず、政策を定めることができないのが心配だ。現在の状況は、大衆迎合主義が台頭して民主主義が機能しなくなるなか、(株式市場・リスク資産が上昇し、循環的回復で経済が改善する一方で、段階的で小規模な金融引き締めが行われた結果として不況に陥った)1937年に大筋で重なる」。

国際情勢からマクロ経済、金融政策、歴史、社会のトレンドなどが引き起こす需給の変化を綿密に調査し、そこから価格の大きな上昇または下落を予想してポジションをとる「グローバル・マクロ」方式を重んじるダリオ氏ならではの裏付けを持った見通しであり、米経済メディアは一斉に詳しく報じた。

事実、市場では金や日本円や米国債が買われ、「山高ければ谷深し」を怖れる投資家たちが、ダリオ氏の見解を真剣に受け止めているように見える。8月22日付の米『フォーチュン』誌電子版は、「このような意見を持つのはダリオ氏だけではない。S&P500指数が1%下げる一方、金は1%上げた」と指摘した。

ダリオ氏、弱気見通しは「冴えない成績」の言い訳か?

純資産170億ドル(約1.9兆円)のダリオ氏が挙げる弱気の理由は筋が通っており、他の多くの市場参加者にも共有されている。だが、ダリオ氏が弱気の見方を示すのは、別の事情もありそうだ。

まず、近年のブリッジウォーター・アソシエーツの成績が冴えず、直近の上半期のパフォーマンスではマクロファンドの「ピュア・アルファII」が前年比マイナス2.5%になるなど、再権威付けを行う必要性に迫られている。

後継者への継承が比較的順調に進んでいるとみられる世界最大の米投資会社バークシャー・ハサウェイの最高経営責任者(CEO)のウォーレン・バフェット氏(87)と比べ、5年以内の引退を目指すダリオ氏のブリッジウォーター・アソシエーツの後継者選びは難航しており、「あと100年続く企業に」というダリオ氏の目標にもかかわらず、ゴタゴタが続いている。

こうしてブリッジウォーター・アソシエーツが「フツーのファンド化」するなか、ダリオ氏は従来からの主張である、「原則に従って真実の追求を行うことが、パフォーマンスのカギ」という奥義の集大成である、『原則』と名付けられた著書を9月中旬に出版する。

TEDトークや「デリバリング・アルファ・カンファレンス」などメディア露出も増やし、自身の原則の正しさを再び訴えている。トランプ大統領に代表される政治的リスクへの警鐘は、その文脈で出たものだ。

成績が期待に応えられない現状でのアリバイ作り・言い訳ともとれる、ダリオ氏の弱気な見通し。そのなかで、ダリオ氏のとった「弱気ポジション」がブリッジウォーター・アソシエーツの収益増につながっていくのか、注目される。(在米ジャーナリスト 岩田太郎)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)