近年成長を続けるリユース市場であるが、若い世代が中心となり市場を支えている様子が、楽天リサーチの「中古品(リユース品)の売買に関する調査」の結果より浮かんできた。また、中古品に対する考え方について、世代や性別で異なる特徴がある事も調査では明らかとなっている。

中古品の売買に積極的な20代

不用品,売却
(写真=PIXTA)

調査は7月26から27日にかけて、インターネット上で行われ、全国の20代から60代の男女1000人から回答を得た。

不用品を売却経験について聞いたところ、全体の62.9%が「ある」と回答した。全体の6割以上が不用品の売却を経験しているという結果となった。また、売却経験のある人の内、45%は半年前未満に売却をしたと回答している。

中古品の購入経験について聞いたところ、全体の56.3%が「ある」と回答した。中古品の購入経験のある人も半数以上となっている。また、購入却経験のある人の内、48%は半年前未満に購入を行っている。

不用品を売る理由についての質問では、「捨てるのがもったいないから」が66.6%と最も高く、「お金を稼ぐことができるから」(52.1%)、「家に置く場所がないから」(23.1%)と続いた。年代別に見ると、20代は「お金を稼ぐことができるから」が最も多く、7割にも上った。一方年齢が上がるにつれ、「捨てるのがもったいないから」との回答が多くなり、30代で64.2%、40代で70.9%、50代、60代では72.6%となっている。

中古品を購入することへの抵抗については、全体の46.3%が「抵抗がある」と回答しており、「抵抗がない」の31.9%を上回った。ただ、20代では「抵抗がない」が41.3%と「抵抗がある」の38.7%を上回っている。一方年齢が上がるにつれ抵抗を感じる人は増える傾向にあるようで、60代で「抵抗がない」と答えた人は26.3%となった。

多くの人が中古品の売買を行っているが、特に20代を中心とした若い世代はお金を稼ぐ為に不用品を売り、中古品でも躊躇わずに購入するといった傾向が強いようである。こうした世代が近年のリユース市場の成長を支えていると見られる。

最も買われている中古品は「書籍・雑誌」 衣類の利用は男女差も

中古品の購入経験者にこれまで購入したことのある中古品について尋ねたところ、「書籍・雑誌」が70.0%で最も多くなった。「CD・DVD・レコードなど」(56.0%)、「ゲームソフト・ゲーム機器」(35.7%)、「ファッション小物(靴・かばん)」(26.5%)と続いた。

抵抗感のある人も多いと見られる衣類であるが、こちらは男女で差がついた。男性が「紳士服」を購入した事のある割合は26.5%である一方、女性が「婦人服」を購入した事のある割合は50.4%と約2倍の差がついた。衣類に関しては女性のほうが中古品を活用する割合が高いようである。

リユース市場はオンラインを中心に拡大傾向

中古品の売買を行う方法については、購入、売却共に「中古品取り扱い店舗(実店舗)」が最も多かった。しかし、「オークションサイト」、「中古品通販サイト」、「フリマアプリ」が購入、売却共にそれに次ぐ形となっており、オンラインでの中古品売買も活発に行われている事を示す結果となった。特に20代では「フリマアプリ」の利用率が高いという特徴が見られた。20代は、「フリマアプリ」を通じて、積極的な売買を行っているようだ。

ゲオホールディングス <2681> の2017年3月期決算資料によると、国内リユース市場は2015年に1兆6000億円と5年以上連続で拡大している。今後も更なる伸びが期待されており、2025年には2兆円規模となる見込みであるという。特に注目を集めるのが、オンラインのリユース市場である。経済産業省の調査によると、ネットオークションの市場規模は2016年に1兆849億円であったが、フリマアプリを中心としたCtoC市場の伸びが顕著である。フリマアプリ市場は2012年の誕生から2016年には3052億円規模となり、更なる拡大を続けている。

今回の調査では若い世代を中心にフリマアプリの利用が増加している事を示唆している。また、他の世代でもリユースの利用は進んでいる事も明らかとなっている。今後のリユース市場の更なる拡大を予感させる調査結果であると言えるだろう。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)