『ワンダーウーマン』『ガーディアン・オブ・ギャラクシーVol.2』『スパイダーマン:ホームカミング』『猿の惑星:聖戦記』『アナベル:クリエイション』とヒットに恵まれた作品が多い印象だが、蓋を開いてみれば今夏の米映画興行成績は37億8000ドルで、2006年の37億4000ドル以来、11年ぶりに40億ドルを下回る残念な結果となった。

客足が遠のいた理由と作り手の変化

映画,ハリウッド,興行収入
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ひとつに、観客が続編に興味を失いつつあると言える。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第5弾の『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』や『トランスフォーマー』シリーズ第5弾の『トランスフォーマー/最後の騎士王』といった続編は、前作のペースダウンとクオリティダウンが原因で公開前からファン離れが感じられていた。

また自宅で映画鑑賞しつつネットで感想を共有する映画ファンが増加しているのも映画館離れの一因になるだろう。

映画監督もネットやテレビを意識した作品作りをしている。例えば、終末世界を延々と走り続ける列車の中で過ごす人々を描いた『スノーピアサー』で知られるポン・ジュノ監督は、Netflix映画『オクジャ』の公開記念インタビューで「大きな画面で見て美しいものは、小さな画面で見ても美しいのではないか」という考えから「劇場のスクリーンで鑑賞する映画と同じ撮り方」をしていると話している。

『第9地区』や『チャッピー』といった南アフリカを舞台にしたアポカリプス映画を得意とするニール・ブロムカンプ監督は、長編映画と変わらぬクオリティの約20分の短編映画をYouTubeで無料公開する一方で、データと共にストリーミングで映像を販売する試験的な『Oats Studios』を展開させ、大成功を納めている。

両監督に限らず、配信に進出している監督なら小さい画面で自宅鑑賞を前提に高クオリティ映像を製作している。今は「大画面でこそ」だけでなく「大画面でも小画面でも」に加え「お金を払っても払わなくても」が選択できる時代なのだ。

作品的に成功した今夏のハリウッド映画

興行成績では成功しなかったにせよ、今夏は素晴らしい作品が揃った。マーベルは昨今の豪華絢爛さを抑え、現実社会に生きるヒーローを描いた『ローガン』で新たな境地を開拓した。女性監督によるスーパーヒロイン映画『ワンダーウーマン』はスーパーヒロイン映画に関するジンクスを破り、スーパーマンやバットマンを抜いてDCエクステンデッド・ユニバース史上最大のヒットを記録した。

インディーズ部門では、人種差別ホラーと呼ばれた『ゲット・アウト』や、切ない心霊映画『ア・ゴースト・ストーリー』がその独創的なアイディアとストーリーで観客を魅了した。

今後のハリウッド映画の行方

2016年の夏と比較すると15.7%減少したと言われている今夏の興行成績だが、作品の目新しさは遥かに勝る。リブートや続編、ユニバースといった昨今のハリウッド映画の流れは今後も保たれるだろうが、今回の興行的失敗と作品的成功をみれば、安定志向のスタジオと映画ファンの求める作品傾向に溝があるのが明白だ。

大幅値下げで物議を醸しているムービーパスの影響は今のところ未知数だが、最悪の結果に終わった場合は映画製作予算の削減につながると予想されている。今夏は数字の上では苦しい結果に終わったが、変化が求められているハリウッドにとっては明るい未来につながる可能性を多分に秘めていると言えるだろう。(中川真知子、フリーライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)