MBAの全日制2年コースの入学希望者が2012年から16年にかけて18ポイント減の43%に落ち込んだのに対し、逆に入学希望者が58%増えたコースがある。それはMIM(Master's International Management/国際経営修士号)だ。

いまMIMの評価がMBAを上回る勢いで上がっている。フィナンシャル・タイムズ紙の報道から分かった。

「MBAよりもビジネス・マネージメントのマスターを取得したほうが、早くて経済的」というのが、主な理由として挙げられている。

受験生の5割が「MIMはMBAと同等の価値」と評価

大学院,MBA,経営学
(写真=Thinkstock/Getty Images)

入学希望者のデータは、GMAT (経営大学院への入学適正試験)を管理する米国のグラデュエイト・ マネージメント・ アドミッション・ カウンシルの調査によるものだ。

MIMとは大学で学士取得後、さらに1~4年間大学院で国際的な経営学を学ぶコースだ。構造的にはMBAと似ているが、通常期間が短めで学費も割安になる。

イタリアのルイージ・ボッコーニ商業大学では少なくとも過去10年にわたり、MIMコース入学希望者が年間10%のペースで増えているという。2017年は募集人数150人に対し、900件の応募があったそうだ。

また英国の市場コンサルティング企業キャリントンクリスプが受験生1000人を対象に実施した調査では、約3分の2が「MBAよりもMIMの取得を検討している」と答えたほか、47%が「MIMはMBAと同等の価値がある」との見解を示した。

キャリントンクリスプの共同設立者、アンドリュー・クリスプ氏は、野心に燃えた20代の若者にとって、「MIMはMBAに代わる、経済的で効率的な代用である」と指摘している。

一般的なMBAが取得に15~21カ月の期間と7.5万ポンド(約1063万円)の費用を必要とするのに対し、例えばロンドン・ビジネス・スクールのMIMは2.9万ポンド(約411万円)と約2分の1以下の費用ですむ。期間もMBAの半分だ。

米国の一流経営大学院ではMBA人気が健在

米国ではMIMの需要が高まる一方で、MBAの人気も依然として高い。こうした傾向は特に評価の高い難関経営大学院で強く見られるようだ。

ミシガン大学ロス・スクール・オブ・ビジネスは、MIMの成長率を前年比22%増と予想しているが、同校のスコット・デルウ学部長曰く「MBAも同じ水準の成長ペースを見せている」という。

ルイージ・ボッコーニ商業大学のカゼッリ教授は、「今後、知名度の低い経営大学院はMBAコースを廃止していくのではないか」と予想している。MIM人気に押されるという意味ではなく、MBA市場が円熟期に突入した今、本当に質の高いカリキュラムのみが求められるとの所見だ。

ケロッグ経営大学院やノートルダム大学メンドーザ・カレッジ・オブ・ビジネスのように、MBAの要素を取り入れたMIMコースを提供している経営大学もでてきた。同じ経営学を学ぶにしても、生徒の需要に合わせた選択肢が増えてきたということは、歓迎すべき風潮なのだろう。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
「従業員からの支持率が高いCEOランキング」
世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」
トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声も
お金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由