北朝鮮情勢の緊張感が強い高まりを見せている。2017年9月3日に核実験を行なうなど、国際社会に対する軍事的挑発が目立っている。少なからず世界の経済状態にも影響を与えている。「買われる資産」と「売られる資産」が見られるようになっているのだ。

有事の際に売られるのは株式のようなリスク資産

リスク資産,北朝鮮,有事
(写真=Max Sky/Shutterstock.com)

金融市場においてはリスクオンとリスクオフという言葉がある。

リスクオン=社会・経済情勢が好調なため、資産の多くがリスク資産へと流れること
リスクオフ=社会・経済情勢が不調なため、資産の多くが安全資産へと流れること

例えばリスクオンは地政学的に安定している状態や経済バブルが生じたときに起こる。逆にリスクオフは地政学的な不安定や経済的な問題が発生したときに起こる。今回の北朝鮮情勢の問題は、「地政学的リスク」の高まりに含まれ、金融資産がリスクオフの方向へと流れることになる。

リスクオンのときに買われる資産がリスク資産である。リスク資産を代表するものには株式、不動産などがある。

このような資産は価格が大きく変動し元本割れするものが多いため、戦争などのような地政学的リスクのときには資産として手放されることが多い。

ちなみに北朝鮮の核実験によって売られた株式市場が米国株式、日本株式などの株式指数である。NYダウ30種平均は234ドル安、日経平均株価は2営業日で300円安以上下げている。

ただし株式のようなリスク資産といっても、足並みをそろえて売られるわけではなく、米国、日本といった国が売られる一方で、上海(中国)やDAX(ドイツ)、ボベスパ指数(ブラジル)は逆に買われているようだ。現段階では北朝鮮問題に直接的に関与していると判断される国の株式が積極的に売られていると思われる。

しかし、今後米国市場が敏感に反応し株価が大きく売られるようなら、他国の世界的株安への足がかりとなってくることも容易に想像がつく。

ただし防衛関連株は買われる

有事の際に株は売られるが、一部防衛関連株というジャンルの株式が買われることがある。これはもし戦争が始まったなら、戦争に関連のある製品やサービスを提供している企業の業績が大きく伸びるであろうことを期待して買われることになる。企業の例で言えば、細谷火工 <4274> 石川製作所 <6208> がこれにあたる。

これらの企業は北朝鮮半島の緊迫が強まる中、防衛関連株として株価を上げてきている。今後も北朝鮮やアメリカ合衆国の動き次第では、株価の暴騰が見られることもあるかもしれない。

有事の際に買われるのは「金(ゴールド)」

リスクオフに傾くと、買われる傾向のある資産が金だ。金はもともと株式とは正反対の値動きをする資産として富裕層を中心として人気の資産である。例えばアメリカの景気の良い時には、金が売られて株が買われ、アメリカの景気が悪くなるとその逆のパターンになることが多かった。

またテロや戦争などの際にも金が買われる「有事の金買い」が有名だ。米国株式市場の好調の裏で、売られていた金価格も2017年には入り、北朝鮮問題が顕在化していくにつれて金価格も少しずつだが上昇の動きを見せている。

何か起こると真っ先に買われる「円」

安全資産の円へと資金が流入しているという話は金融市場ではよく聞かれる。これは世界的に見て、日本の円が最も信頼性があり安全な通貨であるという金融市場における通説から来ているようだが、テロや戦争、経済不安が起こると円が買われることになる。

また円はもともと低金利であるため、海外の投資家が円を借り入れて海外のリスク資産を買うことも多い。そのため経済や政情不安が起きると、この逆の動きが起き、海外のリスク資産が売られ円が再び買いもどされることがある。

そこから円は円高方向へと動くことがあり、今回の核実験後も1円以上の円高となったようだ。

ビットコインが順調なわけ

仮想通貨のビットコインの動きが順調である。北朝鮮情勢が緊迫した2017年3月以降でもビットコインの値段は順調に値段を伸ばし、8月には50万円を突破した。ビットコインは値動きの大きなリスク資産のため、リスクオフの時には本来であれば売られるのではとも考えることもできるが、どうやらそうではないらしい。

金融市場においては、金融資産は相互に強い結びつきを持っている。それは例えば「円とドルの関係」「為替と株の関係」「株と債券の関係」のように値動きに相関関係があることが多い。ビットコインはいまだ新興的な資産とされており、経済的な位置付けとしては、他の金融資産との結びつきは強くはないといえそうだ。そのため、いまだビットコインは独自の値動きをしやすいと思われる。

本当にピンチの時にはどう動くかは謎

一連の値動きは北朝鮮情勢に絡んでおこったことだが、本当に戦争が起こった場合にどうなるかはいまだ謎(未知の世界)である。

その時にはもしかすると、金融市場にはこれまでにはない未曾有の危機が訪れるかもしれない。そうならないことを祈りたいものだ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「インカムライフ.com」。著書に「超優待投資・草食編」がある

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)