「子どもに費用の高いスポーツ(ゴルフなど)を習わせる」親が、米国で増えているという。 6割が毎月最高499ドル、2割が1000ドル、1割弱が2000ドルを費やしている。

これらの家庭は特に経済的に裕福というわけではなく、「将来見返りのある子どもへの投資」として、家計を切り詰めたり貯蓄を切り崩したりして費用をねん出している。

それが理由で3割が「老後の貯蓄ができない」など、アンバランスさが目立つ。

娯楽、ホリデーを我慢し、老後を犠牲にしてまで夢を託す?

習い事,貯蓄,老後
(写真=Thinkstock/Getty Images)

米国の証券会社TDアメリトレードが、運用資産2.5万ドルを所有する30~60歳の親を対象に行った調査から、20%弱が子ども一人当たりのスポーツ系の習い事に、少なくとも毎月1000ドルをつぎ込んでいることが分かった。
これは米国の住宅ローン月額返済の中央値と、ほぼ同じ金額だ(米国勢調査局データ)。さらに8%は毎月その2倍、63%は毎月100~499ドルを子どものスポーツ系の習い事に支払っている。

回答結果を見る限り、これらの家庭が特別裕福というわけではない。「娯楽を我慢する(55%)」「ホリデーの回数を減らす(40%)」「老後用の貯蓄を切り崩す(23%)」など、むしろ子どもの習い事の費用が家計を圧迫している。

実際、「子どもの習い事にお金をかけ過ぎて、老後のための貯蓄まで手が回らない(33%)」「今後も貯蓄ができないのではないかと心配(60%)」という回答者も多い。

高額な「エリート・ユース・スポーツ」への投資

毎月高額な習い事代を支払っている親の多くが、「エリート・ユース・スポーツ(優秀な青少年のスポーツ)」を通して、子どもに夢を託している。

その代表的なスポーツの一つはゴルフだろう。CNBCの報道によると 、息子に7歳からゴルフを習わせているという米国の夫婦は、14歳になった息子をゴルフの聖地、スコットランドの聖地セント・アンドリュースで開催されるトーナメントに出場させるために4800ドルの旅費を払い、自国で一流のコーチをつける目的で、年間6万ドルかかるというフロリダのビショップ・ゲート・ゴルフ・アカデミー付近に引っ越したという。

これまで息子のゴルフに費やしたお金は「6桁を軽く上回る」反面、「401k(米国の確定拠出個人年金制)への払い込みは少なくなった」と認めている。

自らの老後を危険にさらしてまで子どもの習い事を優先する動機について、「将来スポーツの特待生に選ばれる(67%)」「オリンピック選手になる(34%)」など、何らかの見返りを期待している。

しかし現実は親の夢ほど甘くはない。米国の高校のバスケットボール選手55万人のうち、全米大学体育協会(NCAA)の選手になれたのは1.9万人。オリンピックに出場した選手はわずか1%だ。

オリンピックに出場したサッカー選手は2.6%、ゴルフ選手は2%、ホッケーは4.6%と、狭き門であることはほかのスポーツも大差ない。

こうした事実から、「家計や老後を犠牲にしてまで子どもに夢を託すのは、賢い選択とはいえない」との懸念が、ファイナンシャル・アドバイザーなどから挙がっているものの、「投資が利益を生みだすかどうか分からないのは、ウォール街でも同じことだ」と、ある親はコメントしている。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)