男性のヘッジファンド・マネージャーの運用成績は、女性の2分の1未満 ——。

この興味深い事実が、ヘッジファンド・リサーチHFRの「HFRX ダイバーシティ・ウーマン指数 」から分かった。

2017年1〜7月にかけて、女性マネージャーが9.95%のリターンを叩きだしたのに対し、「HFRI総合指数」は4.81%。こうした傾向は過去5年以上続いている。

マネージャーだけではなく、「総体的に女性のほうが投資に向いている」ということも、ほかの調査から報告されている。

男性のリスク 調整後リターンは女性のものより1.4%低い

ヘッジファンド,投資,資産運用
(写真=Thinkstock/Getty Images)

フィナンシャル・タイムズ紙の報じたところでは、HFRXダイバーシティ・ウーマン指数の過去1年のリターン率は11.9%、総合指数は7.05%。

カリフォルニア大学バークレー校が1991〜97年にかけて3.5万世帯を対象に実施した調査では、男性の投資家のリスク 調整後リターンは女性のものより1.4%低いと報告された。また「女性顧客の年間平均リターン率は6.4%と、男性顧客のものより0.4ポイント上回っていた」ことも、フィデリティ・インベストメンツの2016年の調査から明らかになっている。
原因として、男性のほうが活発な投資を行う傾向が強い点や、女性の方がリスクを分散し、居忍耐深い点などが挙げられている。

女性投資家の好調ぶりが、果たして先天的に優れた投資の才能によるものなのか、女性特有の慎重さを重視する特質によるものなのか、真相は解明されていない。

リーガル・アンド・ジェネラル・インベストメント・マネージメントの個人投資部門責任者、ヘレナ・モリッシー氏は、「少なくとも女性も男性と同じくらい投資に向いている証拠」とし、「より多くの女性のヘッジファンド・マネージャーが必要である」と主張している。

モリッシー氏は、分析やリスクに対するアプローチが、女性と男性では微妙に異なる点を指摘している。

女性のポートフォリオ・マネージャーを雇用するヘッジファンドは20%以下

ノースイースタン大学のラジェシ・アガワル教授 などが2015年に行った調査からは、「女性マネージャーによる資産運用の失敗率が高い」という結果がでているが、これは「女性マネージャーにとって資金集めが困難である」ことが原因ではないかと推測される。

この調査では、ヘッジファンド・マネージャーの男女の割合についても触れている。2015年に女性のポートフォリオ・マネージャーを雇用していたヘッジファンドは20%以下。英国では10人に1人、米国では7000人に184人という少なさだ。

モリッシー氏はヘッジファンドが女性にとっても素晴らしいキャリアであることを証明するために、「ダイバーシティ・プロジェクト」を促進するなど、投資産業でも女性が能力を発揮できる機会の創出に取り組んでいる。「今後さらに強く働きかけて行くことが重要」だと語った。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)