株投資をはじめてみたはいいけど銘柄選びや売買取引をなんとなくしてはいないだろうか。実際、個人投資家の中には「理由はないけど上がりそうだ」とか「今人気の株だから」という理由で適当に株を買って損失を出してしまう投資家が多い。

株取引においては前知識を持っていることは利益を出すための大前提であり、他の多くの投資家と少しでも差をつけるために質の高い株情報を仕入れておきたいところだ。

そこで、株投資のために参考となるサイトを以下にまとめた。自分の投資スタンスに沿ったお気に入りを見つけてほしい。(下記紹介のウェブサイトの内容は2017年9月末現在のもの)

(1)長期投資家向け『 適時開示情報

株式投資,サイト
(写真=PIXTA)

日本取引所グループの企業サイトには多くのお宝情報が眠っている上に、情報の正確性も高い。中でも適時開示情報サービスは企業が発表した最新の情報が掲載されているので、株式投資家は必見のウェブサイトと言える。いち早く情報をつかむことができれば株価上昇の初動のタイミングで株を買うこともできることもある。

企業の業績発表(決算短信、業績予想修正のお知らせ)と企業の事業展開に関するお知らせ(新規事業の開始、事業提携など)を見る癖をつけると株式投資として一歩先に進むことができるはず。特に長期投資を成功させたいなら企業の決算短信を良く読む事から始めよう。

(2)全ての投資家向け『 株探

みんかぶが運営する株式情報サイト。ウェブサイト内に配置されている「銘柄探検」の項目では、ファンダメンタル、テクニカルの両方の分析に基づいて銘柄を探すことができる。

株価情報を提供する企業にはスクリーニングサービスを扱うところも多いが、自分で探すよりも手っ取り早く探すことが可能になる。

(3)全ての投資家向け『 Investing.com

世界の株価指数をはじめとして、為替、商品先物などあらゆる金融商品のリアルタイムチャートを見ることができる。

株式投資をする際には、国内市場の株だけを見ていれば良いわけではなく、海外株式市場や為替などの動きを知っておく必要がある。特に米国の経済指標は為替に影響を与え、それがそのまま日本の株式市場にも反映されることも多い。

世界の経済指標ニュースなどもまとめられているので参考にするのもよいだろう。

(4)米国株への投資家向け『 Morningstar 』米国株式情報

Amazonやクラフトハインツ、アップルやグーグルなど米国企業の名前を聞くことはあっても米国企業の株式情報というのはあまり見ることはない。それは残念ながら、日本ではまだまだ日本市場への投資家が多く、米国市場へと投資している人が少ないことが原因である。

今後は日本市場のみならずリスク分散のためにも米国株式へと投資を始めたい人にとっては本ウェブサイトはひとつの有力な情報源となるだろう。注目ニュース、アナリストコメントから条件で銘柄を選定できるなどシンプルにまとめられている。

(5)短期投資家向け『 株ドラゴン

短期投資家にとっては出来高の多い旬の株式を見極めることが大事だ。直近注目されていなかった株式が多くの投資家に注目されるようになって「出来高急増」となった銘柄をみつけたい。

本ウェブサイトでは、銘柄選定に関する情報がランキング形式でまとめられているので、動意づいた株を見つけて物色の対象とすることが可能だ。

(6)IPO投資家向け『 黒澤ファンド

IPOはこれから上場する企業であるため、情報があまり表に出ていないのが特徴的だ。上場前に広く投資家を募る段階で公表されている情報からすこしでもその企業が有望かどうか、上場後にも株価が上がっていくかを見極めたいところだ。

本ウェブサイトでは、上場後の最初の初値の予想から上場前の企業情報までがまとめられている。企業の業績推移や事業内容、上場資金の使途などを確認しておくとよいだろう。

投資スタンスにあうお気に入りサイトを発見せよ

投資のスタンスが短期であれ長期であれ銘柄選定や取引をする上では企業に関する情報は欠かすことができない。

自分が仕入れる情報の質は「投資の成果」にダイレクトに反映されるので、様々な媒体をチェックすることで自分の投資スタンスにあったサイトを探すとよいだろう。投資の情報は量より質である。ぜひ自分のお気に入りサイトを見つけてほしい。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「 インカムライフ.com 」。著書に「 超優待投資・草食編 」がある

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
ZUU online8月記事ランキング 丸井は百貨店ではない、300万円超えのスーパーマリオ……
デキるビジネスパーソンは脂を身体に乗せず、仕事に乗せる。(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)