「医療保険とがん保険なら、どっちに加入すべき?」

保険を検討中の方から、よくこんな質問を受ける。 がん保険は、名前の通り、対象となるのは「がん」のみだ。医療保険であれば、がんも含めた病気全般に備えることができるのだが、がんに備えるには、やっぱりがん保険に加入しておいた方が良さそうな気もする……。今回のコラムでは、そんなお悩みを抱える人のために、医療保険とがん保険のどちらを選ぶべきか考えてみよう。

「医療保険」と「がん保険」の違いを理解する

がん保険,医療保険
(画像=PIXTA)

結論から申し上げると、がん「も」備えたい場合は医療保険を、がん「に」備えたい場合はがん保険をオススメする。

たった1字とはいえ、大きな違いがある。その違いを説明する前に、まずは医療保険とがん保険の違いを見てみよう。

医療保険とがん保険の違いは、①「保障内容」②「支払日数」③「加入制限」の3つだ。

まず1つ目の「保障内容」について、がん保険は「がん」を保障する。診断一時金、入院・手術、通院、抗がん剤・放射線治療など、がん治療のトレンドに合わせて保障が構成されている。最近では、主契約が治療保障や収入保障のもの、自由診療もカバーできるもの、がんのステージ(病期)に応じて給付金の額が変わるものなど、商品性は会社によってさまざま。

それに対して医療保険は、がんも含めた「病気・ケガ」を保障する。入院・手術の保障が基本で、通院や手術など他の保障は特約で上乗せといった形だ。最近は、がん、脳卒中、急性心筋梗塞など特定疾病に対する保障が手厚いタイプや、入院日数に関わらず入院一時金が受け取れる特約が付加されたものなどが増えている。

ちなみに、先進医療特約は、医療保険に付加した場合、すべて対象となるが、がん保険に付加した場合、がんに関する先進医療のみ対象となる。

2つ目の「支払日数」について、がん保険は入院日数が無制限。 医療保険は支払日数に制限があり、入院期間の短期化の影響もあって1入院あたり60日型が主流。ただし、特定の疾病に限り無制限の会社もある。

3つ目の「加入制限」について、がん保険は既往症があっても、がんに起因する病気でなければ加入しやすい。一方、医療保険は既往症があると加入が難しくなる。そのためか、既往症がある方向けに、加入条件を緩和した緩和型医療保険を取り扱う会社も多い。

がん保険を選ぶ人と医療保険を選ぶ人のポイントは?

このような医療保険とがん保険の違いを踏まえて、冒頭の結論の説明をすると、がん「も」心配だけれども、まだ若いし、がん以外の病気やケガをメインに幅広く備えたいのであれば、医療保険を選べば良い。

そして、がん以外の病気は預貯金等でまかなうけれども、治療期間が長期化かつ医療費が高額化しやすい、がん「に」特化して備えておきたいのであれば、がん保険を選べば良いということだ。

もちろん、医療保険にがん特約を付加するパターンもアリなのだが、あれもこれもと欲張ると、保険料はどんどん上がってしまうし、保障内容のバリエーションも限定的だ。さらに主契約を解約すると、特約の保障も消滅してしまう。単体で加入しておいた方が、保障内容や保険期間の設定の自由度・選択肢が広い。

いずれにせよ、今の医療の現状がどうなっているか?がんや病気になったときの自分の生活がどうなるか?経済的に誰がどれくらい困るか?保険以外で経済的リスクをカバーできる資源がどれくらいあるか?などをイメージして、自分がどちらか考えることが大切だ。

2人に1人ががんになる時代でも、がん保険の加入率は約6割

保険選びは正解があるものではないし、個々人の考え方や価値観が反映される。ましてや医療保険やがん保険といった商品は、加入後に病気やがんになれば、「入っておいて良かった」ということになるし、ならなければ「入っておく必要はなかった。保険料がムダになった」ということになる。まさに確率の問題だ。

ところが、男女とも一生のうちに2人に1人ががんに罹患する時代であっても、がん保険の加入率は医療保険よりも低い。生命保険文化センターの平成27年度「生命保険に関する全国実態調査」によると、民保加入世帯(かんぽ生命を除く)における医療保険・医療特約の世帯加入率は9割(91.7%)を超えている。それに対して、ガン保険・ガン特約の世帯加入率は6割程度(60.7%)にとどまっている。

がんに対して医療保険は「力不足」?

がん保険の加入率の低さは、がんに対する情報・知識不足によるのではないかと推察している。実際、乳がんに罹患した筆者も、医療保険には加入していたが、がん保険には加入していなかった。その理由は、「まさか自分ががんになると思っていなかったから」。罹患前に、今くらいのがんの知識があれば、きっとがん保険に加入していただろう。

筆者は、罹患後に手術・入院したので、もちろん医療保険から給付金は受け取った。しかし、がんにかかった治療費の2割にも満たず、十分補える金額とはいえない。それ以前に、他の病気や帝王切開などで複数回、入院をしたこともあるが、いまだ支払った保険料以上の給付金は受け取れていないのが現状だ。

そこで、がん患者となった筆者の正直な感想からいえば、がんに対して医療保険は「役立たず」ではないが、「役不足」といったところだろうか。

もちろん、「保険ありき」の思い込みを持つのは厳禁だし、病気やケガなどのリスクに対して、すでに200~300万円程度の‘医療貯蓄’があり、「先端的な医療を受けたい」あるいは「万が一何かあれば治療にかかるお金に糸目は付けない」など明確な意思がない限り、とくに医療保険やがん保険に加入する必要性は低い。

しかし、ある程度の預貯金を医療用として用意できているご家庭がどれだけいるか。リスクに応じて不足する分は、保険も上手に活用したい。とにかく、保険か預貯金かの二者択一ではなく、両者の特徴を活かしながら‘両輪’でリスクに備えることが重要だ。

黒田尚子
黒田尚子FPオフィス代表 CFP®資格、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CNJ認定乳がん体験者コーディネーター、消費生活専門相談員資格を保有。立命館大学卒業後、日本総合研究所に入社。1996年FP資格取得後、同社を退社し、1998年FPとして独立。新聞・雑誌・サイト等の執筆、講演、個人向けコンサルティング等を幅広く行う。2009年末に乳がん告知を受け、「がんとお金の本」(Bkc)を上梓。自らの体験から、病気に対する経済的備えの重要性を訴える活動を行うほか、老後・介護・消費者問題にも注力。著書に「がんとわたしノート」(Bkc)、「がんとお金の真実」(セールス手帖社)、「50代からのお金のはなし」(プレジデント社)など。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)