「保険に加入したいのですが、どうすれば良いのでしょうか?」
「保険を見直したいのですが、何を見直せば良いのか分かりません」

私はファイナンシャルプランナーとして、上記のような質問を受けることが多いです。相談者は保険の必要性、あるいは見直しの必要性を感じているのですが、何となくぼんやりとして、はっきりしない質問が多く、時間をかけて話し合いながら「その人にとって」最適な保険商品を探ります。

私たち消費者にとって保険選びは切実な問題です。 しかし、難しいのは「すべての人にとって」最適な保険商品は存在しないことです。保険選びの判断基準は人それぞれで、100人いれば100通りのニーズがあるといっても過言ではありません。

保険は、金融商品の一種です。その仕組みは複雑なものが多いうえ、前述のように様々なニーズに対応するためにたくさんの種類があります。毎年何十種類の保険商品が登場する一方で、販売中止となる保険商品もあります。たとえ、「保険のプロ」と呼ばれる人でも、そのすべてを正確に把握するのは難しいのではないでしょうか。

無料相談で「公正中立なアドバイス」を受けることができるか?

また、「同じジャンルの保険商品」であっても、条件や保障内容が少しずつ違っていて、単純に比較できないものが多いです。そんな複雑な商品を一般の消費者が理解するというのは「至難のワザ」と言わざるを得ません。

そこで誰かに「相談する」ことになるわけですが、具体的に相談する相手としては保険のプロ、保険の相談員、保険の営業員、ファイナンシャルプランナー等となります。誰に相談しようかとインターネットなどで検索すると「無料相談」という素敵なコピーに出会うことがあるかも知れません。

上記の人たちの中には、本当に無料で親切にアドバイスをしてくれる人も多いことと思います。「将来、こんなことが心配ではありませんか?」と消費者の目線に立って、あれこれ心配してくれます。消費者の中には様々な気づき(心配)を得る人も多いことでしょう。そのうえで保険商品の具体的な提案を受けることもできます。それらがすべて「無料」で受けることができるのです。素晴らしいですね!

しかし、残念ながらそれらすべてのアドバイスが消費者にとって必ずしも「公正中立」とは言い切れない側面もあるのです。

保険の「無料相談」はボランティアではない?

実際のところ「無料相談」に応じてくれる人は、どこから収入を得ているのでしょうか。純粋にボランティアとして活動しているのでしょうか。どうやって生活しているのでしょうか……気になりますね。

彼らの多くは、無料相談に訪れた消費者と「保険の契約」を結んだ際に販売手数料を得ているのです。つまり、結局のところ「無料相談」に訪れた人に保険を売ることが仕事なのです。

試しに覆面調査で「無料相談」を利用してみると良いかも知れません。たとえば、保険を見直したいと思って「無料相談」に訪れると、まず家族構成や年齢、おおよその収入などを聞かれます。そして「何に対して備えるのか?」をヒアリングし、吟味したうえで具体的な保険商品を提案してもらいます。しかし、現実問題として十分な貯蓄があり、緊急の場合にも余裕資金があり、ある程度のリスクに耐えられる人など「保険の必要がない」ケースもあります。その場合は、長生きに備えるとか、将来を見据えて蓄える方法等のアドバイスが重要になることもありますが、いずれにしても「あなたは保険は必要ありません」などというアドバイスは望めないと思います。その気になれば「心配事」なんていくらでも見つけることができますし、先に述べた通り彼らは保険を売るのが仕事なのですから。

また、同じような条件でA社の保険とB社の保険で、保険料もだいたい同じくらいの保険があるとします。A社の保険商品は有利な特約があり加入者にとっていい提案ができそうだけど、販売手数料が低い。B社の保険商品は特約はないけれど、販売手数料が高い。この場合、両方の保険を紹介しますが、ついつい販売手数料の高いB社の保険商品に誘導してしまうケースもないとは言えません。

一方が利益を得ると、もう一方が不利益を被ることを「利益相反の関係」といいますが、現実問題として「100%公正中立なアドバイスを得る」のはなかなか難しいのが実情ではないでしょうか。

消費者に「公正中立なアドバイス」を

日本では「情報はタダでもらえる」という風潮が強く、「情報を得ることに対して対価を払う」ビジネスはなかなか根付いていません。保険商品を一切販売せずに「アドバイス料だけ」の仕事をしている人も確かにいるのですが、ごく少数なのです。こうした現状も「公正中立なアドバイス」を難しくさせている一つの原因と考えられます。

もちろん、自分で保険の情報を集め勉強する選択もあるでしょう。ただ、いまの時代はインターネット等で様々な情報を得ることが可能とはいえ、それでも独学で保険の勉強をするのは大変です。保険商品のジャンルを絞って比較するにしてもある程度の知識が必要になります。具体的にどれとどれを比較すれば良いのか判断が難しいからです。自力で「良い保険」を見つけるのは大変な時間と労力を要します。

そういった現状を鑑み、消費者が自分のチカラで問題を解決する一助になればとの想いを込めて企画したのが別冊宝島の年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』なのです。

良い保険だけでなく「悪い保険」も実名で掲載

このほど発売した『よい保険・悪い保険 賢い加入者になる!』では、ファイナンシャルプランナーのアンケートをもとに保険商品のランキングを紹介しています。

『よい保険・悪い保険』は、これまで一貫して広告を掲載していません。公正中立な情報提供にこだわり、19名の保険の専門家が実名で評価しています。タイトルにある通り、良い保険だけではなく「悪い保険」も実名で掲載しており、中にはかなり辛口な専門家の意見も紹介しています。一読すればある程度自分に合った保険商品をピックアップすることができるはずです。それらピックアップした保険商品をインターネットでさらに詳しく調べたり、資料を取り寄せて検討することをお勧めします。

『よい保険・悪い保険 賢い加入者になる!』が一人でも多くの消費者の悩みを解決する一助となるのであれば、ファイナンシャルプランナーとしてこれほど嬉しいことはありません。

長尾 義弘 (ながお・よしひろ)
NEO企画代表。ファイナンシャル・プランナー、AFP。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。著書に『コワ~い保険の話』(宝島社)、『お金に困らなくなる黄金の法則』『保険はこの5つから選びなさい』(河出書房新社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』など多数。 http://neo.my.coocan.jp/nagao/